愛知で「ムク」打ち上げ!地方創生にゴルフ界の下町ロケット?
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/11/27号
2018/11/22更新

愛知で「ムク」打ち上げ!
地方創生にゴルフ界の下町ロケット?

 1個なんと36万円もするアイアンヘッドが来月発売になる。"トンデモナイ"価格設定のようにも思えるが、実はその背景には、技術力のある中小企業数社が手を組み、互いのプライドをかけてひとつの製品を作り上げるという、「下町ロケット」さながらのドラマがあった。

 『MUQU(ムク)』を製造販売するMS製作所は、愛知県清須市にある、主に車の金型を製造している会社。そこが12月に金型成形の技術の粋を集めてつくった、フルミルドのアイアンヘッドを販売する。

 近年、金型業界は20年前と比べて業者が半減。しかし、同社は「斜陽産業だからこそビジネスチャンスがある」と考え、初のBtoC商品(法人向けではない、消費者向け商品)にチャレンジすることに。それが、完全フルミルドのアイアンヘッド『MUQU』の製作だった。

 もともと、製造業が盛んな中部地方には、ほかにも技術力を持った下請け会社が多く存在する。そこに着目した同社は、ヘッドの装飾や梱包材などを専門企業に依頼。最終的に11社の中小企業がタッグを組んだ、地方創生のためのプロジェクト「KASANECHUBU」を立ち上げる運びとなった。その足がかりとして誕生したのが同商品である。

 肝心のデザインは、女子ツアーでも一時人気を博した地クラブブランド『ZONE』を展開する鈴木育生氏が監修している。

 5番~PWの6個セットで216万円と超高価格だが、完全フルミルド製法ということで、納期は2~3カ月を要する。オートクチュールに近いイメージで、素材も「S25C」「S50C」「SUS303」から選択可能。1個から購入可能で、12 月から松坂屋名古屋店のゴルフ用品売場で受注を開始。「下町ロケット」のように起死回生となるか!?

 今後の展開に期待だ。

  
【関連記事】こちらも注目です!
2016/02/23 高級車メーカーがクラブ発売。なんとセットで1000万!?
2016/03/16 8割外国人が購入もジャパンブランドの高級クラブが人気

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト