> 雑誌・出版情報 > BACK 9 WEB
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 7/27号
2010/7/16更新

古閑、上田らトッププロを育てた
「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。

 古閑美保、上田桃子など、数多くのトッププロを輩出してきた坂田信弘プロ主宰の坂田塾(現在全5校)が神戸校を除き、6年後には閉鎖されることになった。現在、新規募集を止め、在籍の塾生の中学・高校卒業をもって閉塾となる。プロ輩出の実績のみならず、坂田塾長のカリスマ的人気で全国から入塾希望者が殺到した坂田塾。なぜ閉鎖に……。塾長に話を聞いた。


上田桃子(前列左から2人目)も坂田塾から巣立った

 坂田塾の人気と実績は周知のとおり。巣立った塾生のうち、これまでプロテストに37人が受験し、うち32人が合格。女子プロでは前出の2人を含め、9人がシード選手になっている。

 また、塾生は日々の練習場での練習やゴルフ場のプレー代が無料(クラブも無料)。そのために地域を挙げての協力は不可欠だが、それは同時に地域のゴルフ界の活性化にもなるため、坂田塾長のもとには全国87地域から招致の動きがあった。

「一番はコーチの高齢化。8年前から感じていたのだが、コーチも40歳を過ぎると優しくもなり、体力もなくなるから、指導に大事な叱るということができなくなった」(坂田塾長)




 しかし、彼らコーチは坂田塾をともに作ってきた戦友。代わりを探すつもりはないという。

 もうひとつの大きな理由は提携の練習場の閉鎖が相次いだことだ。札幌の場合など、開校当初5カ所から1カ所になった。
「固定資産税の負担が重く、経営が本当に大変なんだ。それで練習場が1カ所でも閉鎖されれば、その分、他の練習場にシワ寄せがいくが、無料だから打席数を増やしてもらうわけにはいかない」(坂田塾長)

 こうした時代の流れから閉塾はやむなしで、塾側の関係者からは反対の声はなかったという。

 ただし、神戸はスタッフも若く、また塾長がゴルフ部を指導している大手前大学の地元ということで「私が死ぬまでやろうということになった」と笑う。

「巣立った生徒はざっと300人です」(本部事務局長・朝山正己氏)と、開校から17年。ゴルフ界に残した足跡は大きい。坂田塾長にはまだまだゴルフ界に刺激を与えてもらいたい。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2009/07/14 坂田信弘、指導2年目で日本一になれたわけ
2013/09/10 「ローアマ?いや優勝を狙えるよ」 師匠が語る大堀裕次郎
2012/04/16 不動、上田、古閑、有村、笠…なんで、こぎゃんに強かと?火の国オンナの気質の秘密

一覧へ戻る

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1アコーディア買収来春、上場廃止に 2(2006年)尾崎、深堀、丸山、1組全員が「リフト・アンド・クリーン」の処置を誤り揃って失格の椿事 3(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 42016はルール改訂年。ルールブックのビジュアルにも変化あり! 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8無意識ながら……柏原明日架のグリーンドンに非難集中 9超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 1017人13色!女子プロは同ヘッドでも別シャフト
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です