週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 9/25号
2012/9/18更新

ギャラリーの声援を無視。
男子プロの無自覚が人気低下を招く?

 フジサンケイでは、3日目と最終日の2日間、18番グリーンで最終5組15人の選手名がコールされ、ギャラリーから熱い声援を受けた。しかし、その際、声援を無視した選手がいたと報道され、話題になっている。

 例えば3日目。帽子をとってきちんと挨拶したのは藤田寛之、武藤俊憲、河野晃一郎の3人。あとは帽子のツバに手を添えて軽く会釈をしたり、手を振る程度だったが、声援を完全に“無視”した選手もいたとの指摘が上がった。

 ゴルフマナー研究家の鈴木康之氏は、この件について「単に“無愛想”で片づけられることではありません。プロとして“無自覚”というしかない。技術はプロかもしれませんが、ゴルファーとしての態度は失格」といい切る。同じくルール研究家の石井米二郎氏も「ギャラリーが拍手し、選手がそれに応えることで、一体感をもってその場が盛り上がる。ギャラリーの声援に応えないなど、プロとして言語道断。JGTOは、これらの選手を出場停止にするくらいの強い指導をすべきです」と憤る。

 一方、今回声援に“応えなかったプロ”として名指しされた一人、谷原秀人に話を聞くと、その非を認め「以後気をつけたい」と反省しきり。

 縮小傾向にある男子ツアーに対して、来年も試合が増え、年間36試合になる予定なのが女子ツアー。女子プロ協会では、新人セミナーでファンへのホスピタリティの徹底した教育を行っている。その内容は、あいさつのしかたはもちろん、ファッション、マナーなど微に入り細をうがっている。

 男子選手にも「あいさつ教育」が必要? の声にJGTO関係者は「あいさつは本人の問題。子どもじゃないんだから、いまさら教育なんて」と、にべもないのだが……。

 
【関連記事】
2012/ 7/31 米ツアーのプロみたいにトンデモギャラリーに遼が直接注意
2012/ 6/26 ミケルソンが精神的疲労で途中棄権。バッバいわく「ファンの携帯のせいだ!」
2011/12/ 6 ルール破りのシャッター音で試合を台なしにしたカメラマン

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1アコーディア買収来春、上場廃止に 2(2006年)尾崎、深堀、丸山、1組全員が「リフト・アンド・クリーン」の処置を誤り揃って失格の椿事 3(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 42016はルール改訂年。ルールブックのビジュアルにも変化あり! 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8無意識ながら……柏原明日架のグリーンドンに非難集中 9超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 1017人13色!女子プロは同ヘッドでも別シャフト
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です