8割外国人が購入も。ジャパンブランドの高級クラブが人気
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2016/03/22号
2016/03/16更新

8割外国人が購入も
ジャパンブランドの高級クラブが人気

 先日は「ベントレー」社の高級クラブを紹介したが、日本の"エグゼクティブモデル"もアツい!

 マルマン「マジェスティ」からは、同社のゴルフ事業参入45周年の記念モデルが4月に発売になる。世界限定500セットで、バッグを含めたフルラインナップを揃えると、300万円を超えるという超高額のクラブ。そもそも「マジェスティ」はマルマンの20周年記念モデルとして誕生したブランド。百貨店の外商でも扱われるなど、高くても良いものがほしいという年配層を中心に人気があり、所有者の会である「マジェスティオーナーズクラブ」には、現在3万6500名を超える会員がいる。5年に一度、特別限定モデルを発売していて、それを楽しみにしている会員も多いという。「開発に5年をかけて、コスト的にも最新技術や素材を盛り込めるため、今考えうる最高のものを作り上げています」(マルマン マーケティングチーム 桑木野洋二氏)とメーカーも自信を見せている。

 マジェスティの限定モデルは8割方国内で売れているというが、一方で、グローブライド「G3(ジースリー)」のなかで、昨年発表され、セットで100万円にもなる「G3シグネイチャー」は、いわゆるインバウンド需要が高い。同社のマーケティングによると、「春節の爆買いという感じではなく、中国のお客さまにはコンスタントに売れている」といい、7~8割が中国を中心とした海外客の購入。高反発クラブへの抵抗感が低く、最近ではウェブでしっかり"下調べ"してから、日本の実店舗に足を運ぶ客が多いという。低迷する国内市場への一筋の明かりではある。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2010/06/25 1本52万円のドライバーが中国で売れている。ところで、なんでこんなに高いの?
2010/03/12 老舗メーカー、本間ゴルフが中国系ファンドに買収された
2009/08/01 経済復活の中国で1本20万円超のドライバーが売れている!


一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト