高級車メーカーがクラブ発売。なんとセットで1000万!?
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2016/03/01号
2016/02/23更新

高級車メーカーがクラブ発売。
なんとセットで1000万!?

 超高級車で知られるベントレーモータース社がゴルフ界に参入し、話題になっている。

 クラブメーカーのプロフェッショナルゴルフヨーロッパ社とタッグを組んで開発されたというベントレーブランドのクラブ。Bの文字に羽をつけたロゴマークをクラブにレリーフしており、性能はもとより、価格においても"ハイエンド"に挑戦している。

 ベーシックなモデルは、8本のアイアンセットが3500ドル、ドライバーが750ドル、パターが500ドルということで、この10本で4750ドル、日本円にして55 万円強といったところだ。

 驚くべきはそのオプションで、ワニ革のグリップや9万円強のボールマーカーなど多々あり、日本のオーダーメイドシャフトブランド、セブンドリーマーズの製品も選べる。同社のシャフトで一番安いマトリックスというモデルが1本12万円、もっとも高いスペースというモデルは、1本150万円プラス消費税。「はやぶさ」にも利用されたという人工衛星用のカーボンを使用しており、こうしたシャフトを使うと「アイアンセットで、軽く10万ドル(約1160万円)を超える」とプロフェッショナルゴルフヨーロッパ社のピーター・ロード氏。

 かつて、フェラーリがコブラとコラボしてクラブを出したことがあったが、跳ね馬"と"羽"ならどちらが飛ぶかしら……?

 
【関連記事】こちらも注目です!
2016/01/19 お値段5000万!あのロールス・ロイスの高級車はゴルフ仕様
2013/10/08 フジヤマ、オダイバの刻印キラリ…。 25万円の高級1W
2006/09/04 マルマンは8億円売上げ。ニッチな層を狙った高額クラブがなぜか好況


一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト