「なんとかなる」って?米ツアーの新システムに問題点アリ
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2019/01/29号
2019/01/28更新

「なんとかなる」って?
米ツアーの新システムに問題点アリ

  新年早々、今シーズン最後の試合に対する“疑問"が浮上している。米ツアー最終戦のツアーチャンピオンシップについてだ。

 昨年、この試合にストロークプレーをベースにした新方式が採用されることが発表されているが、この新方式が混乱を招いているのだ。どういうことかというと……。

 最終戦ということもあり、試合に臨むに当たり、フェデックスポイントのリーダーは、この試合で10アンダーからスタートする。ポイント2位は8アンダー、3位は7アンダー、4位、5位はそれぞれ6アンダーと5アンダーとなり、6位~10位は4アンダー、11位~15位が3アンダー、その後5人ごとに1打減らして、26位~30位がイーブンパーでスタートするというもの。

 つまり、最終戦までのトップ5のプレーヤーが断然有利となり、この試合だけでなく、年間王者にもなりやすくなっている。しかし1番の問題は、最初から差がついている試合に関して、世界ランキングのポイントをどう計算するのかという点だ。

 PGAのコミッショナー、ジェイ・モナハン氏は「なんとか解決策を見出すだろう」と楽観的だが、選手たちからすれば、シーズン終わりの世界ランキングの順位は、契約メーカーや企業とのボーナスにも影響するので、どんなポイント配分になるか気が気ではないというわけだ。

 昨年、タイガーはこの試合に優勝して約60ポイントを獲得し世界ランキング13位に。3位のダスティン・ジョンソンは約24ポイントで、この時点でジャスティン・ローズを抜いてトップに立った。

 どのようなポイント配分になるか現状では定かではないが、今年は上位の選手に昨年ほどのポイントが与えられることはないだろう。ということは"最終戦での大逆転"も難しくなりそうだ。

  
【関連記事】こちらも注目です!
2007/08/23 今週から始まる米ツアープレーオフ、フェデックスカップの見どころ
2006/11/21 米ツアー・フェデックスカップのボーナス1000万ドルの支払いを巡っての噂話

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト