マキロイが“小僧”卒業、SNS封印宣言
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2017/08/01号
2017/07/31更新

マキロイが“小僧”卒業、
SNS封印宣言

 一国の大統領がありとあらゆる事柄をツイッターで発信する時代。ゴルフ界ではその流れに逆行するかのように世界ランク4位のローリー・マキロイが、自らのツイッターを封印すると宣言し話題になっている。

 ことの発端は全米オープンでマキロイが予選落ちを喫した直後のこと。かつて「世界でもっとも美しいスウィングの持ち主」と称された全米プロチャンピオンのスティーブ・エルキントンがツイッターでこうつぶやいたのだ。

 「マキロイはゴルフに相当飽きているようだ。タイガーもいないし、メジャーには4勝しているし、銀行には1億ドル(100億円超)あるし……」

 この文面にカチンときたマキロイは「2億(200億円超)は下らないね。"退屈してる"28歳にしては悪くないでしょ」とつぶやき返し、物議を呼んだ。

 「メディア関係者や一般の人のつぶやきだったらスルーしたけれど、メジャー王者のひとりでもある人のツイートだからね。ゴルフを生業にすることがいかに大変か、知り尽くしている同業者の声には反応せざるを得なかった」とマキロイ。

 本人によると5回ほど書いては消し、書いては消しを繰り返し、最後に決断し投稿したというが、しばらくして自らの行為をひどく後悔。新婚の妻エリカさんに携帯を渡し「パスワードを変えてほしい。新しいパスワードは僕には教えないで」と頼んだのだという。ソーシャルメディアに振り回されるのはもうたくさん、という意思表示の表れか。「誰が何を書き込もうが関係ない。そういう自分になりたい」(マキロイ)

 連覇がかかったアイリッシュオープンでは、初日に大叩きして連覇を逃したが、「まだメジャーは2つ残っている。全英も好きだし、2勝している全米プロも今年は米ツアーで僕が初優勝したクエイルホローCで開催されるしチャンスはある。今はSNSに煩わされている場合じゃない」 

 "やんちゃな問題児"といわれたマキロイももうすぐ30歳。そろそろ"オトナの強さ"を見せつけてほしい。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2017/06/05 マキロイがシーズン中にクラブ全とっかえ。うまくいく?
2016/09/06 “優良物件”マキロイの実家にクラブが山ほど届いている!?
2015/02/17 マキロイ、スッキリ!「10時間」で裁判和解

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト