タイガー不在のマスターズ。ファンがっかり、ニクラス困惑
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2017/04/25号
2017/04/17更新

タイガー不在のマスターズ。
ファンがっかり、ニクラス困惑

 マスターズにタイガーの姿がなかったことを寂しく感じたファンは多いだろうが、ガッカリしたのはファンだけではない。

 タイガー本人は不出場の理由を「やれることはすべてやった。しかし腰のリハビリのため、試合に臨む準備をする時間がなかった」とコメントした。それに対して米メディアは、その事実をあっさりと伝え「明らかに彼の未来にとって良い前兆ではない」とか「再度、タフな日々を繰り返すことになる」といった表現にとどめ、ことさら「引退か」などと騒ぎ立てなかった。

 そうしたなか、ジャック・ニクラスはタイガーについて聞かれ「故障はタイガーの体だけでなく、心にも影響を与えている。彼の言葉とは裏腹に、彼が何かことを起こすたびに彼自身を傷つけている。たぶん彼の体は傷ついているのだろう。君たちにもわからないだろうし、私にもわからない。本当になんて答えていいのかわからないんだ。私にわかっているのは、彼は見た目も話すことも素晴らしい。メンタル的にもシャープであるように思える。だからこそ何が起こっているのかわからないんだ」と、困惑を隠さなかった。

 タイガーはマスターズの試合には出場しなかったが、「古い友人たちと会うのが楽しみ」と試合前の火曜日のチャンピオンズディナーには出席した。ディナーの席でタイガーと話したマーク・オメーラは「彼は苦しんでいるように感じた。彼が言うには、良い日と悪い日の繰り返しで、手術をした場所に痛みがあるとのことだ」。"良い日"があるのは喜ばしいことだが、気になるのは、先月20日に行われた自身の新刊本のサイン会やテレビ出演で「人生で後悔しているのは、スタンフォード大学にもう1年いなかったことだけ」と語るなど、振り返りコメントが多いこと。何だが"締めくくり"をしようとしているように感じられるが、どうなるだろうか。

 

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1アコーディア買収来春、上場廃止に 2(2006年)尾崎、深堀、丸山、1組全員が「リフト・アンド・クリーン」の処置を誤り揃って失格の椿事 3(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 42016はルール改訂年。ルールブックのビジュアルにも変化あり! 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8無意識ながら……柏原明日架のグリーンドンに非難集中 9超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 1017人13色!女子プロは同ヘッドでも別シャフト
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト