ガン克服のイ・ミニョン日本参戦5戦目でV韓国でも大騒ぎに……
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2017/04/25号
2017/04/17更新

ガン克服のイ・ミニョン
日本参戦5戦目でV韓国でも大騒ぎに……

 ヤマハレディースを制したのはイ・ミニョン。2年前に発覚した腎臓ガンを克服しての優勝に、母国・韓国も大喜びだ。

日韓から「よく頑張った!」の声

 今季から日本初参戦。5戦目にして初優勝を成し遂げた快挙は、韓国でも「イ・ミニョン、"日本制覇"、5試合で十分だった」(「スポーツ東亜」)、「イ・ミニョン、日本進出5戦目で優勝」(「ヘラルド経済」)など、各メディアが大きく取り上げた。

 韓国は近年、ネットメディアが"雨後の竹の子"のように誕生する乱立状態にあるが、ざっと数えただけでも26の媒体がイ・ミニョンの初優勝を報じていたほどである。

 その報道の多くが、日本での報道同様に腎臓ガンを乗り越えた彼女の経歴をクローズアップした。「ガンを克服した"鉄の女"イ・ミニョン、JLPGA初勝利」(「朝鮮日報」)、「がん闘病を乗り越えたイ・ミニョン、JLPGAツアー初優勝」(「OSEN」)というヘッドラインが多かった。

 なかには「不屈のイ・ミニョン、日本でもやり遂げた」(「ソウル経済」)、「"人間力の勝利"イ・ミニョン、JLPGAデビュー1カ月で初優勝」(「スポーツ・ソウル」)など、日本メディアの反応を伝える記事もあったほどである。「ブレイクニュース」は、韓国メディアで唯一、現地・日本取材を敢行。試合の様子を伝えるのはもちろん、片言の日本語を使っての優勝スピーチに注目。

 「好奇心旺盛なイ・ミニョンは日本語の習得も早く、短い単語で受け答えする姿にインタビューの雰囲気が和気あいあいとなった」と、彼女の快挙を祝福する日本のギャラリーたちについても紹介していた。

 ガンを克服したことや、その苦労や悲壮感を微塵も感じさせない明るい人柄で、韓国はもちろん、日本のギャラリーにもその存在感を示した1戦だった。

 

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 2(2012年)豪ギブソンが16アンダー。遼の世界記録破るスコア「55」が出た! 3連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6「違反していない」アンカリング“ズル疑惑” ランガーがコメント発表 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9アンプレ処置の椿事!女子プロがバンカー内の球を外にドロップしちゃった 10(2010年)なぜ? 1週間に二度も乗用カート事故が起きたゴルフ場を実地検分
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト