一番の問題は〝ひざドロップ〞新ルール適用米ツアー第1戦
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2019/01/29号
2019/01/28更新

一番の問題は〝ひざドロップ〞
新ルール適用米ツアー第1戦

  米ツアー、今年の第1戦、ハワイでのセントリートーナメント・オブ・チャンピオンズが、プロの試合における新ゴルフルール施行の第1戦となった。さて、選手の反応は……

 もっとも混乱をもたらしたのは「ひざの高さのドロップ」だ。アンドリュー・ランドリーは、うっかり肩の高さでドロップしようとして、ギャラリーに注意された。同様に小平智もブルックス・ケプカの「ニー、ニー(ひざだ、ひざ)」という指摘でギリギリセーフ。ブライソン・デシャンボーは「ひざの高さの新ルールは、ちょっと馬鹿げている。肩の高さからひざの高さまで、どこでもドロップしても良いとすべきだ。これで何の問題もないはず。新ルールには、いろいろと問題がある」と批判している。

 デシャンボーといえば、新ルールで認められたピンを立てたままのパッティングの推進者で、初日には、これでパットをガンガン沈めて、パット貢献度がトップに。しかし、「ほかのプレーヤーを尊重しなければならないしね。毎度『ピンフラッグを入れ戻してくれ』とは言えないよ。僕はそういう人間じゃないんだ」と殊勝なコメント。結果は14アンダーで7位とまずまず。

 この試合には出場していなかったが、セルヒオ・ガルシアは「長いパットの時は、距離感がわかりやすいので、ピンを立てたままでプレーするが、1・5メートル、3メートル、4・5メートルといった距離では、ピンを抜くつもり。強く打つと旗竿に跳ね返されるからね」と語っている。つまり、いくら“変わり者"のデシャンボーでもガルシアのような選手とラウンドする際に、一旦抜かれたピンを戻してくれとは言いにくいということなのだろう。

 「スパイクマークをならせるのがいいね」とゲーリー・ウッドランドが語るように、好評だった新ルールもあるが、今後もさまざまな問題や意見が出てきそうだ。

  
【関連記事】こちらも注目です!
2018/11/27 ピンを抜くか抜かざるか、識者が考えてみた
2018/11/22 5戦3勝男デシャンボーまた新しい”実験”に着手するぞ

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト