欧州のゴルフ人口"本場"で減少続く
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/12/11号
2018/12/27更新

欧州のゴルフ人口
"本場"で減少続く!?

 スコットランドやイングランド、アイルランドといった"ゴルフの本場"ともいえる地域でゴルフ人口やゴルフコースの減少が続くなか、チェコやポーランドといった東欧でゴルファー数が増えるという"逆転現象"が起きている。

 米会計会社のKPMGが、昨年から発表している欧州ゴルフの景気調査によると、2017年のスコットランドではゴルフ人口が19万883人から18万7802人へ2・46%減少していることが明らかになった。ゴルフコース数は578コースから560コースへと18コース減。2016年には、ゴルフ人口が6711人減、ゴルフコースで19コース減だったことから、減少幅は減っているものの“本家の衰退が続いている"と、ちょっとした話題になっているのだ。

 ゴルフ人口の減少幅からいえば、イングランドの3万8786人減(5・58%減)、オランダの1万2913人減(3・22%減)、アイルランド7422人減(3・89%減)のほうが大きいのだが、ヨーロッパのゴルフ界にとってはスコットランドの衰退がショックのようで、多くのメディアが報じている。

 一方、ゴルフ人口を増やしているのは、イタリアの8478人、チェコの5983人、スウェーデンの4618人となっているが、増加率という点では、ポーランドの20%増、リトアニアの37・45%増などが目立っている。

 この報告書では「重要なマーケットであるイングランド、スコットランド、オランダなどで人口を減らしているもののヨーロッパのゴルフ協会の76%がゴルフ人口を増やしているか、あるいは安定した状況」と、全体としては安定した状況と分析している。

 このゴルフ人口の統計は、各国のゴルフ協会の会員数なので、実際のゴルフ人口とは若干の隔たりがあるようだが、いずれにしても、英国(グレートブリテン)での人口減少は間違いないようだ。

  
【関連記事】こちらも注目です!
2016/06/10 舞台はロイヤルトルーン!R&Aが9H推進イベント
2018/04/16 女性ゴルファー増やそうとイギリスがあの手この手

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト