94歳!植杉乾蔵さんまたまた快挙
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/08/07号
2018/07/30更新

94歳!植杉乾蔵さん
またまた快挙

 "日本一のエージシューター"として、本誌で何度も紹介した熊本県のスーパー翁・植杉乾蔵さん(94)が、またまた新記録樹立?

 チェリーゴルフ人吉コースのクラブ主催コンペで通算6回目のホールインワンを達成。保険会社も「94歳のホールインワンなんて聞いたことない」と驚いているという。達成したのは4月3日。同コース12番ホール105ヤードを5Wで放り込んだ。「以前なら9Iで届く距離。すっかり飛ばなくなりました」と本人はホールインワン達成よりも、飛距離が落ちたことを嘆くが、じつは植杉さん、昨年8月、お墓参りの途中で石段の上から転落してきた人と接触、骨盤の腸骨を骨折し、入院する災難に遭っていた。

 「担当医は手術を勧めたけど、知り合いの外科医が、手術をすると回復に時間がかかる。植杉さんはゴルフをしているのでお尻の筋肉が十分あるから大丈夫と言って、手術をせずに骨がつながるのを待ったのです」(千枝子夫人)。結果、50日間の入院、リハビリをして11月28日にはラウンド再開。その後も週2回程度のラウンドを続けてきたが、エージシュートは入院前の1469回で止まったままだった。ところが、この取材を終えた翌17日に電話があり「出たよ。ほぼ11カ月ぶりにエージシュートが出た。球磨CCで47・46の93。通算1470回目。入院して足の筋肉が落ち、ドライバーが飛ばなくなったけど、これでまたやる気が出てきました」(乾蔵さん)。

 ともあれ、猛暑日が続く今夏も「家にいるよりゴルフ場の風に当たっているほうが涼しい」と相変わらずの"スーパー"っぷり。通算1500回の声が聞けるのも、そう遠くはなさそうだ。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2014/05/27 カリスマエージシューター植杉さんの健康の秘密は"速歩"
2014/06/17 熱中症対策に効果的な飲み物は?
2013/12/24 116人の元気なシニアが大集結!エージシュート全国大会が開催

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 2国内女子で来季導入のリランキングってなに? 3大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 4セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 5スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 6男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 7女子プロテスト年齢引き下げで何が起きる? 9記録的豪雨でゴルフ場のクローズ……復旧は急ピッチ 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト