米ツアー来季日程大幅変更。全米プロは8月から5月に
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/08/07号
2018/07/30更新

米ツアー来季日程大幅変更。
全米プロは8月から5月に

 米ツアーは、来季(2018年-19年シーズン)の日程を発表した。昨年より1カ月も早い発表となったのは、ツアーの再編成とも言える大幅なスケジュール変更があったためだ。

 来季日程に大きな動きがあることは、以前から少しずつ漏れ伝わっていた。米ツアーはテレビ視聴率が伸び悩むプレーオフシリーズの改革を考えており、その対抗策が報じられていたからだ。

 本来ならファンやメディアの耳目をもっと集めるはずのプレーオフだが、9月のアメリカは開幕を迎えるフットボールリーグのNFLの話題で持ちきりになる。

 そのため、米ツアーがプレーオフ最終戦のツアー選手権を8月に前倒しすることは、ほぼ既定の話だった(それにともない、プレーオフは現在の全4試合から3試合に減少)。

 この結果、これまでオフの期間がなかった米ツアーは10月開幕・8月閉幕で、1カ月のオフが生まれる。なお、フェデックスポイント対象競技は今年の全48試合から2試合減の全46試合となる。

 そして、シーズンの8月終了にともない、全米プロは8月開催から5月へ。5月開催の"準メジャー競技"プレーヤーズ選手権は3月に、それぞれ実施時期が早まる。もっともプレーヤーズ選手権の3月開催は、かつて2006年までの開催時期であり、この結果、全4試合のフロリダシリーズはすっきりと4週連続での開催となる。

 また、全4戦の世界ゴルフ選手権は、開催時期に大きな変動はないが、既報のとおり例年全英オープンの翌々週に行われていたブリヂストン招待がフェデックス・セントジュード招待として、全英オープンの翌週に、場所もテネシー州に移して行われる。

 このように来季は日程ががらりと変わるが、果たしてツアーが目論むような効果は得られるのだろうか。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2017/01/24 2020年から米ツアースケジュール大幅変更に?

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 2国内女子で来季導入のリランキングってなに? 3大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 4セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 5スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 6男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 7女子プロテスト年齢引き下げで何が起きる? 9記録的豪雨でゴルフ場のクローズ……復旧は急ピッチ 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト