優勝者に車!ベンツ主催の9ホール大会、大人気で世界戦略へ
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/07/03号
2018/07/06更新

優勝者に車!
ベンツ主催の9ホール大会、大人気で世界戦略へ

   ドイツで行われていたアマチュアの9ホール競技会が、国際化し、R&Aのサポートを受けることになった。

 「メルセデス-ベンツ・アフターワーク・ゴルフ選手権(以下MBAWGC)」がそれ。夏場の平日の夕方に9ホールの試合を各地で行うもので、ドイツではすでに過去5年間に約300のコースで3000試合を開催、7万5000人の参加実績があるという。それが、さらに「世界戦略の第一段階として」、スウェーデン、アルゼンチン、南アフリカでも開催されることになったのだ。

 MB社のジェンス・シーマー・マーケティング担当副社長は「わが社が国際的なMBAWGCシリーズの冠スポンサーであることを誇りに思っている。9ホールの試合は、短期間の流行ではなく、とくに私たちのターゲット層(ゴルフの時間を作るのに苦労している20~50代の男女)にとって、18ホールの試合の代わりになるもので、それがこれまでの5年間で証明されている」と語る。

 ゴルフの普及のため、9ホールプレーを推奨しているR&Aのマイク・テート・エグゼクティブディレクターは「イギリスで18ホールのコースが9ホールのコースの数を上回ったのは1923年のことで、9ホールのプレーには親しみがある」と語り、マーク・スランバースCEOは「R&Aは、9ホールプレーをエンジョイできる機会を増やしているメルセデツ-ベンツ社をサポートできることを喜ばしく思っている」。

 ドイツでこの大会が流行った理由の一つは、その賞品。年間チャンピオンにはなんとベンツのCLSクーペ、月間優勝者はゴルフ旅行を手にすることができるのだ。日本でも開催されれば人気が出そうだが……。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2016/01/26 ハイカットとジョグパンツ。ファウラースタイルが話題に
2012/02/27 勤労選手に有利?女子プロの新しいランキングができた

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 2国内女子で来季導入のリランキングってなに? 3大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 4セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 5スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 6男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 7女子プロテスト年齢引き下げで何が起きる? 9記録的豪雨でゴルフ場のクローズ……復旧は急ピッチ 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト