往年の名女子選手シカゴに集結7月に全米女子シニア
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/02/27号
2018/02/26更新

往年の名女子選手シカゴに集結
7月に全米女子シニア

今年7月、史上初めて「全米女子シニアオープン」が開催される。大会を主催するUSGA(全米ゴルフ協会)が2月3日にマイアミで行った年次総会の席で往年の名プレーヤーたちが新しいトロフィーのお披露目会に登場し華を添えた。

全米のナショナルオープンを主催するUSGAが新設するのは賞金総額100万ドル(約1億1千万円)の女子のためのシニアオープン。男子オープンのそれより重い(約6キロ)純銀製のトロフィーが優勝者に渡される。

7月12日から4日間72ホールの日程でイリノイ州のシカゴGCで開催される同大会にはかつてLPGAツアーで活躍した選手らのほか、予選を勝ち抜いた120名が参戦。アマチュアもHCインデックス7・4以下なら予選に挑戦できる。

キーガン・ブラッドリーの叔母でゴルフ殿堂入りしているパット・ブラッドリーは「素晴らしいトロフィーを目の前にして息をのみました。シニア世代を代表してこれほど誇らしいことはありません」と興奮を隠しきれない。

お披露目式にはブラッドリーのほか、メジャー5勝のエイミー・オルコット、オーストラリア出身の元祖セクシー系女子プロ、ジャン・スティーブンソン、85年全米女子オープン優勝の美人プロ、キャシー・ベイカーらが出席。さらにシニアの資格を得るにはまだ20年近くあるが2037年の出場を目指すポーラ・クリーマーも来場。トロフィーを抱え上げ満面の笑みを浮かべていた。

「これは女子ゴルフ界にとって画期的かつ歴史的なできごと」とUSGAのエグゼクティブディレクター、マイク・デービス氏は胸を張る。

なお大会はテレビ中継され、すでに来年も5月(16~19日)にノースカロライナ州パインニードルスでの開催が決まっている。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2003年 69歳の選手が全米女子シニアアマで最年長 記録V、男子2部ツアーでは最年少記録V
2005/04/21 盲人ゴルファーと女子世界殿堂プロたちの競演ワールドシニアレディース選手権が日本で開催
2013/10/15 全米女子シニアアマで大活躍したアケミちゃんて誰?

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト