2016はルール改訂年。ルールブックのビジュアルにも変化あり!
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2015/11/17号
2015/11/10更新

2016はルール改訂年。
ルールブックのビジュアルにも変化あり!

 R&Aと全米ゴルフ協会は先週月曜日、来年1月1日に発効する「16年版ゴルフ規則」を発行(英語版は両協会のホームページから入手可能)。同時に、重要な変更点の周知を図る目的で、その解説をリリースした。

それによれば、注目される主な変更点は、まず規則18-2b「アドレスしたあとで動いた球」が廃止されたこと。従来、アドレス後に球が動いた場合は、プレーヤーが動かす原因となっていないことがわかっているか、ほぼ確実な状況を除き、自動的にプレーヤーが動かしたものとみなされた。同規則の廃止により、来年からはアドレスに関係なく、規則18-2が定める「球の動く原因となることをしたとき」に1打罰となる。

もうひとつは、規則6-6d「スコアの誤記」に例外が追加。従来は、プレーヤーがあるホールにおける違反を認識できず(=罰打を付加せず)、結果的にスコアの過少申告となった場合も競技失格となった。これが来年からはその違反に対する罰打に加え、スコア誤記による2罰打の付加のみ、と変更される。世界中のツアーで問題になっている、テレビ視聴者等の指摘で(スコア提出後に)違反が判明する事例が増えているためと思われる。

「この2点については、私は合理的で妥当な変更と評価しています。これと例のアンカリング禁止が今回の大きな変更点ですね」(ゴルフルール研究家・マイク青木氏)

もうひとつ注目されるのが表紙の図柄だ。これまでは男性ゴルファーの写真だったが、新版はガラリと変わって女性ゴルファーのシルエットになった。背景には、欧米の名門倶楽部で女性会員を認めるなど、性差別の撤廃に向けた動きがありそうだ。そうしたゴルフを取り巻く社会環境の変化を反映してのことだろうか。

また、新たなアマチュア資格規則では、社会的に有益なチャリティ競技の増加に応じ、チャリティ寄付を前提(JGAの事前承認が必要)にアマチュアの賞金獲得が認められる。今回は合理的、かつ社会環境の変化に応じた改訂のようだ。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2011/11/14 ゴルフ規則が大改訂。リオ五輪に向けルールブックも世界共通に
2014/12/10 松山英樹が男子ツアーのルールを変える
2013/12/03 来年1月からルール裁定集が改訂。デジタル機器に対応する新基準

ゴルフポケット

ゴルフルール早わかり集 2016-2017

2016年は、4年に一度のルール改訂年。唯一の公式ルール解説書「ゴルフルール早わかり集」は新ルールも、わかりやすく解説しています!


一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 2(2012年)豪ギブソンが16アンダー。遼の世界記録破るスコア「55」が出た! 3連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6「違反していない」アンカリング“ズル疑惑” ランガーがコメント発表 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9アンプレ処置の椿事!女子プロがバンカー内の球を外にドロップしちゃった 10(2010年)なぜ? 1週間に二度も乗用カート事故が起きたゴルフ場を実地検分
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト