飛びの切り札になるか!?"第三のボール"ジャンルのニューフェース
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2015/9/28・10/6号
2015/9/29更新

飛びの切り札になるか!?
"第三のボール"ジャンルのニューフェース

 ブリヂストンスポーツから9日に新ボール「ジョーカー」が発売された。先月のシニアツアーで倉本昌弘が使用し、早々に優勝したことでも話題だ。

"しっかりした手応え"と"高初速"を追求した新ボール

 メーカーが"飛距離特化タイプ"とカテゴライズする、高めの弾道でボール初速が高まる設計。それに加えてウレタンカバーを採用し、アプローチでのスピン性能もプロが使用できる高いレベルにあるのが特徴だ。

 ここ1、2年、ディスタンス系ボールでありながら、ウレタンカバーを採用して、スピン系ボールのようなアプローチ性能を持つ、いわゆる「第三のボール」が多く登場した。テーラーメイド「グローレDS」、キャロウェイ「クロームソフト」、ダンロップ「ゼクシオ エアロスピン」などがそうだが、「ジョーカー」は硬いコンプレッションで、しっかりした打感に特徴がある。さらに「これまでの多くのボールが低スピン化を目指していましたが『ジョーカー』は、すでに適正なバックスピンのゴルファーがボール初速をアップするよう開発しています」(ブリヂストンスポーツ ボール商品企画部 宮川直之氏)。

 ギアに詳しい永井延宏プロは「アプローチではディスタンス系のように高く上がらず、出球が低く抑えられます。硬めのコアは距離のコントロールがしやすいですね」とコントロール性を評価する。スピンが少なめのゴルファーは好結果が期待できそうだ。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2015/09/01 「8」の人気は強し。ドライバー、アイアンで1位。ボールはコスパ重視傾向
2015/02/03 1915年がギア(ボール&クラブ)の歴史を大きく変えた
2014/08/19 上半期プロがいちばん勝ったボールはZスター!


一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト