17人13色!女子プロは同ヘッドでも別シャフト
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2015/4/21号
2015/4/14更新

17人13色!
女子プロは同ヘッドでも別シャフト

 テーラーメイド「グローレF」を使う17人の女子プロ。ヘッドは同じなのにシャフトはなんと13機種!

グローレFを使う女子プロ17人のシャフト

 ヘッドに関して「Fは旧モデルに比べると弾きがよくて距離が出るし、フェースの向きもスクェア感が増しており、女子プロたちに受けたのでしょう」と分析するのはクラブフィッターの鹿又芳典さん。

 シャフトについては「大きく2つのタイプに分けられますね。ヘッドスピードがそれほど速くないプロは、先が動く"走り系"で距離を出そうとしている」。これは、キム・ナリやジャン・ウンビ、江澤亜弥らの「エボリューション」使用のケース。

「一方、スウィングが速いプロに共通するのは先端剛性を上げたタイプで、つかまり過ぎを抑え、安定して飛ばそうという意図が見える」。こちらはジョン・ミジョンやリ・エスドら「MJ6」のマッチング例だという。

 表純子が使っているGG53はバサラの新しいモデルで、アッパー気味に入れても打ち出しが高めになる。多様ということは、選択肢が広がっているとも言えるわけで、「アマだってベストな組み合わせを見つけられればパフォーマンスが上がる可能性は十分ある」(鹿又さん)とのことだ。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2014/11/04 世界一のカゲの立役者「クロカゲ」シャフトって?
2014/05/27 女子プロのシャフト事情4割強がスピーダーとツアーAD
2013/11/05 ツアーを席巻するレモンイエローのシャフトって?


一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1アコーディア買収来春、上場廃止に 2(2006年)尾崎、深堀、丸山、1組全員が「リフト・アンド・クリーン」の処置を誤り揃って失格の椿事 3(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 42016はルール改訂年。ルールブックのビジュアルにも変化あり! 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8無意識ながら……柏原明日架のグリーンドンに非難集中 9超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 1017人13色!女子プロは同ヘッドでも別シャフト
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト