週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 9/16号
2014/9/8更新

超軽量ドライバーは
やっぱり振りやすい?

 キャロウェイゴルフがビッグバーサアルファに続いてビッグバーサベータを発売する。前者がプロ・上級者向けなのに対してこちらはシニアがターゲット。「軽くて振りやすい」のがウリだが、逆に「軽すぎ」に注意点はあるのだろうか。

 ベータドライバーはRシャフトで総重量が267グラム、主要メーカーのモデルとしては最軽量クラスともいえる。アルファドライバーがSRで311グラムだから、それに比べてもいかに軽いかがわかる。ただ、単純に軽いだけではなく、一定のヘッド重量を確保するとともに、シャフトの手元部分を重くしてカウンターバランスにしているのがミソ。スウィングバランスもD1に設定されている。

「ただ軽いだけではない、というのはわかります。ヘッドスピードでいえば40m/s以下のシニアや女性にも使える。とくにハマるのは、シニアでも体重が比較的軽めの人でしょうね」というのはクラブ設計家の山代谷哲男氏だ。

 体重が軽いと一般的な重さのクラブではどうしてもクラブに振られて体がブレてしまう。でも軽ければ自分で振れるし、ヘッドスピードが上がる可能性は高いという。

 ただ山代谷氏は、仮にいい結果が出たとしても、14本のセッティングの難しさもあると指摘する。

「というのも、270グラムを切るようなドライバーと一般的な重さのアイアンとではスウィングのタイミングが大きく変わってくるので、もしドライバーがうまく打てたとすれば、フェアウェイウッドやアイアンもそれに合わせて変える必要があるでしょうね」

 その場合の目安は、5番アイアンがドライバーよりも80グラム程度重いこと。つまり、ドライバーが270グラム程度だったら5番アイアンは350グラム前後がベストだそうだ。

 ドライバーの"軽さ"を買いたかったら、ほかの番手の重量もチェックしよう。

 
【関連記事】
2014/ 8/26 新たな"高反発"?ミゾつきドライバーのニューモデルが続々!
2014/8/12 この夏、続々ドライバーが モデルチェンジ何が変わった?
2014/ 3/3 空気みたい!?世界最軽量の新シャフトは“非力な人のミスに強い”

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 2(2012年)豪ギブソンが16アンダー。遼の世界記録破るスコア「55」が出た! 3連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6「違反していない」アンカリング“ズル疑惑” ランガーがコメント発表 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9アンプレ処置の椿事!女子プロがバンカー内の球を外にドロップしちゃった 10(2010年)なぜ? 1週間に二度も乗用カート事故が起きたゴルフ場を実地検分
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト