週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 7/24号
2012/7/17更新

“2軍メンバーで勝った!”
日韓対抗戦の大勝に沸き立つ韓国

 韓国の連覇で終わった日韓対抗戦・ミリオンヤード杯。日本にとっては苦汁をなめた結果となったが、韓国ではどのようにとらえられたのだろう。


韓国はこれで2連覇となった。がんばれニッポン!

「ゴルフ韓日戦で2年連続優勝ショット」(世界日報)、「韓国、チームワークで“精鋭軍団”の日本を沈める」(ソウル経済新聞)など、韓国内では刺激的な見出しが躍った。どんな種目でも日韓対決となると大いに煽るのが韓国メディアだが、今回の連覇は予想外かつ痛快だったようだ。

 何しろ韓国代表には、K・J・チョイ、Y・E・ヤン、キム・キョンテ、ベ・サンムンといった“韓国の顔”が軒並み不在。そのため、大会前から「歯抜けの虎」「四天王なき代表」「2軍の戦力」と酷評され、「対する日本は石川遼らスター選手総動員。個々の実力も経験でも韓国劣勢が予想される」(スポーツ東亜紙)と報じられていた。

 しかし、そうした報道が韓国選手のハートに火をつけた。選手団は大会3日前の6月26日に長崎入り。そのまま会場に直行して下見をし、翌27日には雨の中、早朝から全員が集まり練習ラウンドしたという。一方の日本勢が揃ったのはその日の夕方だった。

 カン・キョンナムによると、「夜になると選手が集まり、攻撃的なゴルフをしようと、いろいろ話し合った」という。

「韓日ゴルフの自尊心対決で、うなだれる日本」の見出しにうつむきかげんの石川や藤田寛之の写真。その記事にはS・K・ホの「戦力面で劣っていることは選手全員が知っていた。歯抜け(の虎)であっても、歯グキで勝ってやれ! という気持ちでまとまり、普段のツアー時にはありえない強固な協力関係を作れた。チームワークの勝利だ」とのコメントが添えられた。

 女子に続き、男子も韓国勢にやられっぱなしだったニッポン。この悔しさを噛みしめ、奮起してもらいたい。

 
【関連記事】
2011/11/15 タイの洪水で女子の日韓戦は中止決定。アジアンツアーもお流れに?
2011/ 7/26 昨年の日韓対抗戦。交互に打つフォアサムでどっちのボールを使ったのか
2011/ 7/12 2011年の焦点は遼がヤンを撃破できるか、だった。釜山のゴルフ日韓戦。

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1(2014年)左手親指痛に悩む松山英樹もJ・デイもテンフィンガーを試してみては? 2(2015年)曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 3イギリスで売れに売れた韓国ボールとは……? 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 6番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 7スコア改ざんで出場停止10年、男子下部ツアー 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9(2015年)偽物注意報発令?ゴルフクラブのコピーが急増中 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です