週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 10/9号
2012/10/1更新

物言いついてダボがパーに。
2罰打取り消されたナ・ダエ


2打罰が取り消されたナ・ダエ

 マンシングウェアの2日目7番。ナ・ダエ(韓国)が「ライの改善」をしたとして2罰打を受けた。のちに取り消されたが、その経緯とは?

 7番グリーン。ナ・ダエのマークしたボールが同組で回るウェイ・ユンジュ(台湾)のラインと重なるため、ナが画鋲型のマーカーを移動させようと持ち上げた。その際「砂が出た」と、親指でグリーン面を押さえたところ、それをウェイが指摘。競技委員は「ライの改善」(規則13-2)としてナに2罰打を課した。

 しかしラウンド後、ナの行為は今年ルール改正された「利益を生み出さない場合は罰打の対象にならない」(江間陽子競技委員長)に当たるとして2罰打は取り消され、ダボがパーの裁定になったのだ。

「でも、このケースは最初から罰打がつくほうがおかしいですね」というのはルール研究家の石井米二郎氏。「なぜならグリーン上の砂はルースインペディメント(用語の定義32)だからです。それなら無罰で取り除くことができます。ただ、それを取り除く際に手のひら側で“丹念に”払うと、グリーン面のテストと疑われます。今回のケースのように親指で押すのはグリーン面のテストに相当しないでしょう。よしんば、砂が出たとしても、元の状態に戻すのが公正の理念。なぜライの改善とされたのか、よくわかりませんね」と話す。

 これによってナは65と、その日のベストスコアをマーク。2位タイと一気にジャンプアップし、優勝争いに加わると、「諦めていたので、信じられなかった」と大喜びしていた。

 
【関連記事】
2012/10/ 2 イエローカード乱発もプレーファストに効き目なし
2012/ 8/21 ベテランの五十嵐さんと小山内さん。まさか2つの球の処置を知らない?
2012/ 6/26 藤本のリプレース。「誤所からじゃない?」と読者からの指摘が…

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1(2014年)左手親指痛に悩む松山英樹もJ・デイもテンフィンガーを試してみては? 2(2015年)曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 3イギリスで売れに売れた韓国ボールとは……? 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 6番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 7スコア改ざんで出場停止10年、男子下部ツアー 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9(2015年)偽物注意報発令?ゴルフクラブのコピーが急増中 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です