週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 9/11号
2012/9/3更新

マクロイに30ヤードも負けた!
飛ばし屋からアイアン名人へ変身めざす遼




 石川遼が「転換期」を迎えている。ウィンダム選手権までの5連戦で、今季の米ツアーの出場予定試合は終了。87万ドル余りを稼ぎ米シード権獲得を確実にした一方、米ツアーで生き抜くため、新たなゴルフスタイルを模索。これまでこだわってきた「ドライバーの飛距離アップ」は小休止、今後は「アイアンの精度アップ」へ力を注ぐ考えを示した。

 日本ツアー初優勝の15歳のころから「350ヤードを真っすぐ飛ばしたい」と公言し、飛距離アップの努力を惜しまなかった石川にとっては、大きな決断だったに違いない。

 WGCブリヂストン招待でローリー・マクロイと同組でラウンドした後、「あきらめるわけじゃないけど飛距離には限界がある。マクロイとは同じ距離からアイアンで持つクラブが1番手違うけど、精度が同じなら僕が1つ大きな番手で打っても問題はない。(だからこれからは飛距離よりも)アイアンの精度で勝負していきたい」と語った。

 同大会の平均飛距離は石川が311.5ヤードで45位、マクロイは344.6ヤードで2位と、差は歴然。欧米選手より体格で劣る石川がさらに飛距離を伸ばそうとすれば、スウィングを崩す恐れも。ならば、ドライバーの飛距離は割り切り、アイアンショットを磨くほうが現実的だろう。

 今回の遠征中もアイアン重視の練習を積んだ。左足裏がインパクトでめくれないように、左足甲の上にクラブを乗せて何球もボールを打った。その結果、手応えも得た。クラブを短く持ったり、スウィングの大きさやスピード、球筋を変えて打つことで、番手間の微妙な距離も打ち分けられるようになったという。

「今まではドライバーを飛ばしたら、そこである程度終わっていた部分があったけど、いまはアイアンの感覚が繊細になってきた」

 アイアンでゲームを組み立てるようになった石川。後半戦は新スタイルで2年ぶりの優勝を狙う。

 
【関連記事】
2012/ 9/ 4 遼のメジャー15試合の通信簿。最高20位、予選通過4割
2012/ 2/28 スキー合宿強行も「筋力アップになった」と大満足の遼
2012/ 1/ 3 週刊ゴルフダイジェスト恒例ヘアスタイルコレクション。2011、遼の髪型総ざらい

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です