週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 7/3号
2012/6/25更新

こんどのキムは弱冠16歳!
世界のTOP目指す、韓国の「怪物女子高生」


次の目標は、世界アマチーム選手権とのこと

 女子ツアー史上最年少の16歳332日で「サントリーレディス」を制した韓国のキム・ヒョージュ。日本では無名に近い存在だが、韓国ゴルフ界ではよく知られた選手だ。

 もともとはテコンドーの選手になりたかったそうだが、門を叩いた道場の師範からなぜかゴルフを勧められ、6歳でクラブを握り、小学4年生のときに全国小学生大会で優勝。

 小学6年生で韓国代表ジュニア常備軍(代表候補)に選ばれ、中学3年生で韓国代表になると、韓国の各種アマチュア大会で計14勝を飾って「ゴルフ神童」と呼ばれた。

 今年4月には韓国女子ツアー開幕戦の「ロッテマートレディス」でも2位に9打差をつけてプロツアー初優勝し、「怪物女子高生」「シン・ジエの再来」と騒がれたほどだ。

 そんな彼女が師と仰ぐのが、ハン・ヨンヒ氏。03年から8年間、韓国代表総監督を務め、キム・キョンテ、ユ・ソヨン、シン・ジエらを指導してきたハン氏に小学5年生頃からレッスンを受け、現在もハン氏のアカデミーに籍を置いている。

 来日して愛弟子の日本ツアー初挑戦を見守ったハン氏曰く、「昔から感情のコントロールがうまく勝負強さがあり、練習への取り組みも真面目。スウィングはリズムとテンポが重要だと教えると、笑顔で徹底した反復練習を繰り返していた」とのこと。また、練習日記を義務づけ、スウィングやその日の心境を綴らせたという。ヒョージュは今でも、そのゴルフノートを続けている。

 K-POPアイドルの『BIG BANG』のラップ担当T.O.Pの大ファンで、自身のサインにも世界の頂点を目指すという意味を込めて「TOP」と書き添えるヒョージュ。「アプローチやパットに課題があるが、パク・セリの後継者になれる可能性も大」(ハン氏)という期待に応えて、世界の頂点に立つ日は来るのだろうか。目下、アマチュアのヒョージュ。プロ転向は、世界の女子アマの頂点に立ったあとに考えるという。

 
【関連記事】
2012/ 6/12 賞金の4分の1は韓国勢の手に。今年もびゅんびゅん吹いてる韓流旋風
2012/ 4/24 ゴルフ界のKARA? 韓流美人女子プロユニット登場
2012/ 4/10 イ16勝、ク23勝。今年も韓流旋風必至?

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です