週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 1/10・17号
2012/1/6更新

ウエストウッドが
タイの試合2日間で20アンダーの大爆発!

 アジアンツアーの最終戦、タイゴルフ選手権でリー・ウエストウッドが圧勝。予選ラウンド2日間を通算20アンダーでクリアしたときには、記録的な大勝利かと思われたが、決勝ラウンドに入って失速。それでも2位に7打の大差をつけ、最高の形で2011年シーズンを締めくくった。

 初日が自身キャリアベストの「60」の12アンダー。2日目も強風のなか、ノーボギーの64で回り、通算20アンダー。その時点で2位のシャール・シュワーツェルらに11打差をつけ独走態勢に入る。この段階で、早くもほかの選手たちは「これだけ差をつけられたらお手上げ。オレらは皆、2位狙い」と旗を巻いた。

 アジアンツアーでの最少優勝スコアは09年にタイのチャプチャイ・ニラトが記録した32アンダー。2位との最大ストローク差は05年にアーニー・エルスがBMWアジアンオープンでマークした「13打差」があるが、それらの記録すべてを塗り替えるのでは、と思わせるほどの勢いだった。

 ところが3日目に「73」と失速。最終日は「68」と決勝ラウンド2日間で3打しか伸ばせず期待外れの結果に。

 本人は「初日にいきなり自己ベストの60をマークして、2位と11打も差が開いたことで逆にプレッシャーがかかってしまった。これで負けたらどうしようか思った」と苦笑い。しかし今季4勝目を挙げたことで、ライバルのローリー・マクロイを抜いて世界ランクは2位に浮上。今季(2012年)につながる貴重な勝ち星となった。

 ちなみに昨季の日本男子ツアー18ホール最少スコアは9月のトーシンで宮本勝昌がマークした「62」。次が近藤共弘(つるや)と武藤俊憲(ダンロップフェニックス)の「63」。10年中日クラウンズで石川遼がマークした「58」のような爆発的スコアは記録されていない。

 それにしても世界ランク1位のルーク・ドナルドと2位のウエストウッドに未だメジャー勝利がないのはゴルフ界の七不思議。今季は無冠の2人にぜひ、メジャータイトルを勝ち獲ってもらいたい。

 
【関連記事】
2011/12/27 藤田は4000万円超。タイガーとウエスティは1億円。マクロイは4000万円+1億円!
2011/12/20 ウエストウッドもマクロイもゴーウエスト。いざ、米ツアー!
2011/12/ 6 マクロイが事務所移籍でウエストウッドと喧嘩中?

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です