米朝首脳会談ゴルフ外交ならず!アメリカで実現するか?
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/07/03号
2018/07/06更新

米朝首脳会談ゴルフ外交ならず!
アメリカで実現するか?

  世界的に注目を集めた米朝首脳会談。まさかシンガポールでもゴルフ外交が?と一部で話題になっていたのだが……。

 米メディアでは「彼(トランプ大統領)は、キム(正恩朝鮮労働党委員長)とゴルフをする可能性を(政権内部で)話し合っている」とトランプ政権の高官が語っていると報じられていた。結局、シンガポールでは実現しなかったが、もしこの2人がゴルフをしたらどんなことになるのだろう?

 金正恩氏の父、正日氏には、ゴルフに関する“超絶エピソード"が伝わっている。なんと、7700ヤードの平壌ゴルフコースでの初ラウンドのスコアが34(!)だったという。実に38アンダーで、ホールインワン連発。しかも、このラウンドには、17人のボディガードなどの証人もいるというのだ。“神がかりの才能"(?)は、正恩氏にも受け継がれているとされているが……。ちなみに、正恩氏がゴルファーなのかは定かではないが、平壌のパターコースを設計したとのことなので、ゴルフの知識はあるようだ。ただ、正日氏の38アンダーについては、北朝鮮以外では誰にも信じられていないのだが……。

 一方のトランプ大統領は、昨年、6800ヤードのトランプナショナルGCワシントンで、雨風のなか、73でラウンドしたと共和党の上院議員が証言。そのコースでは、数カ月前にシニアツアーが開催されたのだが、プロの半数以上が74を切ることができなかった。それゆえ、トランプ大統領の「73」を疑問視する声も少なからずあったのだが、「34」よりはまだ現実味のある話だった。

 米朝会談直後の記者会見でトランプ大統領は、「ある時期になれば、おそらく、金正恩氏をワシントンに招くことになる」と語っている。

 もし2人のゴルフ外交が実現するのであれば、先のトランプナショナルGCワシントンが有力といえるかも。ただ、もしラウンドが実現したとしてもスコアは“国家機密"扱いとなるだろうが……。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2017/02/28 父のマネ?安倍首相のゴルフ外交どうなるか
2017/11/06 富士桜、鳴沢、霞?トランプ来日ゴルフ外交の舞台はどこに

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト