週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 8/13
2013/8/6更新

カートに逃げるのは×
ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら……

 突発的かつ局地的に大雨や雷をもたらすゲリラ雷雨。気象会社、ウェザーニュースによれば「今年は昨年の3.5倍に増えそう」という。ゴルフ場で見舞われたらどうすればいいのだろう?

 ゲリラ雷雨は、大気が不安定なときに局地的な上昇気流により積乱雲が発達、そこに上空の寒気が流れ込んだときに起こる。

 だから ①黒い雲がわき ②ムシムシしていたのが急に冷たい風が吹き、 ③雷の音が聞こえてきたら、ゲリラ雷雨の接近と考えてよい。

 遭遇した場合、一にも二にも建物内(避難小屋含む)に逃げ込むこと。緊急避難時の心得としては ①樹木のそばから離れる。 ②傘をささない。 ③ゴルフクラブは持たない。 ④最悪の場合は、乾いた窪地で姿勢を低くして雷雲が過ぎるのを待つ。

 なお、避難場所として乗用カートは危険だ。一般的に「自動車が安全」といわれるのは表面が鉄で覆われタイヤで地面に接しているから。タイヤは炭素が多く使われていて通電性がよいため、自動車に落ちた雷はそのまま地面に流れる。対してカートは表面が強化プラスチックのうえ、人体が露出している。結果、カートに落ちた雷は通電性のいい人体を経由しようとする。同様に建物の軒下にいるのも危険だ。

 なお、ウェザーニュース社のスマホ用アプリ「ウェザーニュースタッチ」では「昨年はゲリラ雷雨の90パーセントを捕捉、56分前にはメールで知らせています」(同社担当者)という。用心のため利用してみる?


【関連記事】
2013/7/30 ビール好き汗っかきは要注意!虫の季節がやってきた
2013/7/23 やっぱり暑いときはフェアウェイでもカート移動でラクラクラウンド!
2010/6/29 「雷が来ますよ!」メール通知サービス

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト