番組企画でQT出場。106叩きで議論に……
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2017/09/12号
2017/09/01更新

番組企画でQT出場。
106叩きで議論に……

 元サッカー日本代表、鈴木啓太がJGTO(日本ゴルフツアー機構)主催のファーストQTに出場。議論を起こす事態になってしまった。

 論議が顕在化した理由は、鈴木のスコア。3日間、102・90・106の合計298(82オーバー)で最下位(93位)。92位の選手とは14打差あった。これはプロトーナメント出場を目指す者のスコアとしては異例で、議論になるのも無理からぬ話。

 ファーストQTの出場資格は9項目あるのだが、その中の6番目にアマの出場資格が記載されている。要約すると「JGAのHC3以内の者」。しかし、項目の2番目には「ゴルフ場支配人連合会加盟の所属責任者の署名捺印(推薦)を受けた者」とあり、ここにはプロとかアマなどの記述はない。しかし、QTはそもそもトーナメントプロを目指す者を対象にしているので、この項目は研修生らを指すとする向きもある。

 鈴木はこの2番目の項目の資格で出場した。推薦者はサザンヤードCC(茨城県)支配人・穴山富一郎氏。

 「知人から頼まれて推薦しました。しかしスコアをみると、この推薦は"ハテナ"でした。これまで男子6人、女子2人を推薦しましたが、それぞれいい成績を残してくれています。今回はちょっと残念ですね」(同)

 鈴木は4月から始まったテレビ埼玉の「鈴木啓太のQTチャレンジ」の番組企画で出場したようだ。ゴルフを始めたのはサッカーを引退してすぐの15年からでベストスコアは、レギュラーティで82。この腕前でQTに出場するのは無謀とも思えるが、推薦を受けて出場を許可したのは、むろん主催者であるJGTO。

 「書類に不備は認められませんでした。2番目の項目にはっきり反しているとは思いませんし。ただあの結果を見ると、忸じく怩じたる思いはあります。はっきりした規定を作らないといけないかもしれません」(JGTO広報・田中謙治氏)

 確かに鈴木を出場させたのはJGTOの責任。半面、ゴルフ人口が減っていくなか、ファーストQTぐらい(QTはファイナルまで4試合)、間口を広げて話題づくりでアピールしてもいいのではという意見もある。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2017/06/05 記念受験?全米OP予選で127が出た!1ラウンドのおハナシです
2013/6/18 「事故みたいなもの」タイガーなんとハーフ44の大叩き
2003年 デーブ大久保がダイヤモンド杯で34オーバー、最下位での予選落ち、推薦基準に賛否の声

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 2(2012年)豪ギブソンが16アンダー。遼の世界記録破るスコア「55」が出た! 3連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6「違反していない」アンカリング“ズル疑惑” ランガーがコメント発表 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9アンプレ処置の椿事!女子プロがバンカー内の球を外にドロップしちゃった 10(2010年)なぜ? 1週間に二度も乗用カート事故が起きたゴルフ場を実地検分
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト