週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 11/20号
2012/11/12更新

フィリピンでは大統領より人気がある!
日本シニア初Vのミノザ



 先の日本シニアオープン。混戦で優勝争いは最終日の最終ホールまでもつれこんだが、フィリピンのフランキー・ミノザが初の栄冠を手にした。

 ミノザといえば不敵な印象を与える面構えから、さぞや強心臓だと思われがちだ。しかし、「実は、まだ足が震えているんだ」と試合後に打ち明けたように、重圧に耐えながらの優勝でもあった。かつて日本オープンで優勝に手が届きそうになりながら、終盤に崩れた苦い経験があったからだ。96年の同オープンでは最後の3連続ボギーでピーター・テラバイネンに優勝をさらわれ、97年には1打及ばずクレイグ・パリーに勝ちを譲っている。

 ミノザが日本ツアーで初優勝したのは90年。アジアサーキットの最終戦と位置づけられていたダンロップオープンでプレーオフの末に杉原輝雄を破り、同サーキットの総合優勝も獲得。これを機に日本ツアーに参戦し通算7勝を挙げた。

 フィリピンでは、大統領以上の人気があるといわれるミノザ。本人は多くを語らず、その素顔はいまでもベールに包まれている。

 ミンダナオ島にある自宅を訪ねたことがある某日本人プロは、ミノザが所有する広大なパイナップル畑に驚いたそうだが、「これと同じものがもう1カ所ある」と聞かされ2度びっくりしたという。功成り名を遂げて母国ではVIP待遇といわれながらもツアーで戦い続けるのは、広大な農園で働く人々や、大家族を養うため、ともいわれる。

 母国のフィリピンオープンはもちろん、インドネシア、台湾、パキスタンなどナショナルオープンを9回も制したミノザだが、日本のタイトルはもっていなかったため、今回のシニアオープン優勝は感慨深いものだったに違いない。

 
【関連記事】
2012/ 8/21 人気の秘密は屋台と特典。お祭り気分だシニアのファンケル
2011/ 7/26 サービスよくて名手も勢ぞろい。近ごろ人気のシニアツアー
2011/ 9/13 男子ツアーのギャラリー数がシニアの試合の4分の1!

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です