週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 7/31号
2012/7/23更新

全米女子Vは韓国人ナヨン。
勝利の秘訣は強気の攻めと「ゴルフ以外のことを考える」

 全米女子オープンでパク・セリが韓国勢初の優勝を飾ったのが14年前。パクの優勝に感化されプロを志したチェ・ナヨンが、パクと同じコース(ブラックウルフラン)でメジャー初優勝を飾った。


パク・セリらがシャンパンファイトで祝福

 勝利を決めた瞬間、韓国の仲間がシャンパンシャワーでチェを祝福。その輪の中には14年前の主役パクの姿もあった。

「パク・セリ先輩がこういってくれたんです。『素晴らしかった。あなたは私の自慢の後輩よ』って。14年前、10歳のときテレビで観ていた人が祝福してくれるなんて、本当に夢みたいでした」

 2位と6打リードで迎えた最終日、楽勝ムードが漂うなか、10番でまさかのトリプルボギー。2打差まで詰め寄られたが、すぐに冷静さを取り戻し11 番でバーディ。再びリードを広げ、終わってみれば5打差の圧勝。

「トリプルボギーのあと気持ちを切り替えるためキャディに話しかけました。そうしたら彼が『10番のことはもう忘れよう。終わったことはいまさら仕方ない。未来だけを見つめよう』といってくれて……。それで完全に吹っ切れました」

 メジャーの重圧のなか冷静さを失わなかったのはメンタルコーチであるピア・ニールソンとリン・マリオットの『54ビジョン』の教えによるところが大きかったとチェはいう。

「ピアとリンから『毎日1つ、小さな目標を作って、ラウンド中それをやり抜く習慣をつけなさい』といわれて、最終日はショットを打つ前後だけ集中するというテーマに取り組みました。あとの時間はゴルフではなく別のこと、たとえば食べ物のこととかを考えていました。ずっと緊張していたら身がもたない。メリハリをつけて、打つ前後の数十秒だけに集中したのがよかったのだと思います」

 メンタルといえば、強気の攻めも話題になった。たとえば最終日の13番・195ヤード・パー3。このホールはフェアウェイからグリーンにかけて、右側の池が食い込んでいる。最終日はピンがグリーン右サイドに切ってあったから真っすぐ狙うと池越えになる。

 普通の選手なら池を避け、安全にボギーでもいいからと左側から狙っていくのだが、チェは迷わずピンデッドを狙ったのだ。わずかキャリーが足りず、池ポチャしそうだったが縁の石に当たり、グリーン側にハネて、奥から寄せワンのパーをもぎとった。

 これでピアとリンの弟子のメジャー覇者は6人目。“姉弟子”の藍にも、もうすぐチャンスが巡ってくる?

 
【関連記事】
2012/ 4/24 ゴルフ界のKARA? 韓流美人女子プロユニット登場
2012/ 2/28 韓国若手の大きな黒ぶちメガネは“伊達”メガネ
2010/ 6/ 8 韓流女子プロのパイオニア、パク・セリ。3年ぶりに優勝し存在感をアピール

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です