週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 6/12号
2012/6/4更新

「めっちゃうれしいでぇ!」
大阪弁操るナゾの韓国系米国人チョイが初V


アルマーニのジャケットを授与され、ノリノリでポーズをとるチョイ。トレードマークの金髪は「気分転換」

 とおとうみ浜松オープンは、韓国系アメリカ人のJ・チョイが、最終日5打差をひっくり返す大逆転でツアー初勝利。いったいどんなプレーヤーなんだろう。

 チョイの生まれは韓国。ゴルフは学校に行く前の朝の運動として、母親と練習場でボールを打つことから始めたという。12歳でゴルフ修業のため単身渡米。2年後には両親も移住し、息子をサポート。韓国では典型的なパターンだ。

 米国籍も取得し、ニューメキシコ大学卒業後、プロ転向したものの米ツアーへの参戦はままならず、ミニツアーで腕を磨いた。来日したのは09年。日本ツアーQTで3位に入り、10年から本格参戦、現在に至っている。

 私生活でもすっかり日本にとけ込んでいる。流暢な大阪弁を操り、勝利した時も「ほんまめっちゃうれしいでぇ!」と、はしゃいだ。言葉はチョイが所属するタラオCC(滋賀県)の寮生活で培われたものだという。同コースの上田総支配人は米国留学もあり、「最初は英語でやりとりしていましたが、日本でやるなら絶対、日本語でといって。でも私が関西弁ですし、ウチには20人ほどの研修生がいるんですが、彼らにもまれるうち、すっかり大阪弁に。性格はやさしく、義理人情に篤い男です」とベタボメ。

 義理人情に篤いといえば、昨年から契約したヤマハの地元である浜松で勝利したことを、本人が何よりうれしがっていたことでもわかる。優勝した次の週のダイヤモンドカップのプレスルームにはチョイからの「感謝の気持ち」との張り紙とともに、差し入れのクッキーが置いてあった。

 やさしくて強い韓流ゴルファーがまた1人、日本勢の前に立ちはだかる。

 
【関連記事】
2012/ 5/29 B級グルメや1日5時間の生中継もある、お祭り大会「とおとうみ」
2012/ 4/10 「大物」と米メディア。人気、成績も上々、日本の賞金王ベ
2012/ 2/28 韓国若手の大きな黒ぶちメガネは“伊達”メガネ

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です