「ワールドツアーを!」マキロイ大胆な持論展開
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2017/10/17号
2017/10/10更新

「ワールドツアーを!」
マキロイ大胆な持論展開

 ゴルフ不況が叫ばれるなか、ローリー・マキロイが興味深い"提案"をした。

いろいろ考えてます

 欧州ツアーが欧州女子ツアーを吸収する噂が流れたと思ったら、ワンアジアツアーが風前の灯というニュースが流れるなか、マキロイは「一つの"ワールドツアー"を作るために、米PGAツアーが欧州ツアーを買収すべき」というのだ。

 「現状のようにツアー団体同士が競争し"相手"に合わせて日程を変更するなど生産的ではない。皆が一緒にならなければならないんだ。簡単な方法は、PGAツアーが欧州ツアーを買収することで、そこから始めることができる。欧州ツアーはそのまま運営され、メジャーを除いて、例えば年間12の大きな試合を、テニスのようにワールドツアーとして開催するんだ。もうほかに方法がないように思うんだ」とマキロイは語っている。

  実際、4年ほど前、PGAツアーが欧州ツアーにアプローチしたことがあるが、この時は欧州ツアーが拒絶している。加えて、マキロイ自身が欧州ツアーに年間数試合しか出場していないように、欧州の有力選手が米ツアーを主戦場としていることから、欧州ツアーのフィールドが弱くなっているのも否めない。しかし、マキロイが語るほどには簡単には事は運びそうもない。メジャーを含めて、年間16試合がワールドツアーになるとしたら、ツアーに選ばれなかった試合は、2軍ツアーのような様相になる。アメリカでもヨーロッパでも、スポンサーがこれまで通りに、そんな2軍ツアーを支援し続けるかどうかは疑問が残るところだ。しかも、PGAツアーはテレビの放映権に大きく依存している。午前中や夜中に放映されるゴルフ中継が多くなれば、視聴率が稼げずにこれまでのような高額な放映権交渉もままならなくなる。現状では、マキロイの意見の実現はなかなか難しそうだ……。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2017/07/31 マキロイが“小僧”卒業、SNS封印宣言
2017/06/05 マキロイがシーズン中にクラブ全とっかえ。うまくいく?
2016/09/06 “優良物件”マキロイの実家にクラブが山ほど届いている!?

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1(2014年)左手親指痛に悩む松山英樹もJ・デイもテンフィンガーを試してみては? 2(2015年)曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 3イギリスで売れに売れた韓国ボールとは……? 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 6番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 7スコア改ざんで出場停止10年、男子下部ツアー 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9(2015年)偽物注意報発令?ゴルフクラブのコピーが急増中 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト