1イーグル8バーディ、初夏のさくらがすごいことに
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/07/03号
2018/07/06更新

1イーグル8バーディ
初夏のさくらがすごいことに

  米女子ツアーのショップライトクラシックで横峯さくらが最終ラウンドに猛チャージを見せアメリカでのキャリアベスト2位に入った。

 20位タイから一時はリーダーボードの最上段に駆け上がった横峯。大会後インスタグラムに「ゴルフ人生最少スコアの10アンダーでまわることができました。順位もアメリカでの最高順位の2位! 優勝できなかったのはすごく悔しいけど、大きな1歩になったと思います」と喜びを投稿している。

 「ショットが左右にブレてどうしていいかわからなくなった」という昨シーズンは予選落ちの山を築き、3万8686ドル(400万円強)しか稼げず、賞金ランクは三桁。シード権を失い、今季はこれが米ツアー参戦3試合目だった。

 そんななか、本人が公式記者会見で「ベリーハッピー!」と語った1イーグル、8バーディのほぼパーフェクトなラウンド。「ほぼ」と書いたのは最終18番で3・5メートルのバーディパットを沈めていれば、1打差で勝ったアニー・パクに並びプレーオフに持ち込めるところだったから。米メディアのなかには、横峯が18番パー5でイーグルをマークして女子では唯一アニカ・ソレンスタムがマークしている夢の59が出るかと固唾をのんで見守った記者もいた。しかしチップインイーグルならず。1打差で米ツアー初Vはお預けに。

 今回横峯が強調したのは昨年からキャディを務めるメンタルトレーナーの夫・森川陽太郎氏のサポート。「主人がキャディとしてかなりパワーアップしていることにもビックリ」(インスタ)と綴っており、会見でも「緊張すると無口になる私に彼がずっと話しかけてくれて、強い気持ちでいけといってくれた。それが大きかった」と二人三脚での快挙を強調した。

 シードがないのでマンデー予選会で出場権を得るしかない立場だが、それでも「米ツアーでやりたい」と横峯。つかみ損ねた米ツアー優勝を手中に収めるのはいつ?

 
【関連記事】こちらも注目です!
2015/02/03 さくら、今週米ツアー開幕戦父は、欧州シニアQT挑戦
2015/03/03 さくら、“初”の連続予選落ち

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 2国内女子で来季導入のリランキングってなに? 3大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 4セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 5スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 6男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 7女子プロテスト年齢引き下げで何が起きる? 9記録的豪雨でゴルフ場のクローズ……復旧は急ピッチ 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト