曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り?
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2015/4/7号
2015/3/31更新

曲げたくても曲がらない
ドライバーが今年の流行り?

 3月下旬、主要クラブメーカーの今季ニュードライバーがほぼ出そろった。興味あるのは、飛びもさることながら「全然曲がらない」といった声が多いことだ。どこがどう変わったのか。

ナイキ ヴェイパー ブリヂストンJ815

なかには「曲げようと思っても曲がらない。ドッグレッグのホールなんか困ることもあるくらい」という一般ユーザーの声が聞かれるのは、ナイキのヴェイパー。ブリヂストンのJ815なども似たような反応だ。

 クラブフィッターの鹿又芳典さんによると、「今年は間違いなくドライバーの当たり年」だという。

「ヴェイパーは3機種ありますが、アベレージクラスには『スピード』がおすすめ。キャビティ構造とソールの溝の効果か、芯を外してもスピン量が変わらないのがすごい。これが曲がらない一番の理由でしょうね」

 ナイキのドライバーといえば、SQ時代の強烈な打球音のイメージが今も残っていて、食わず嫌いのゴルファーもいるそうだが、「そんなイメージを完全に吹き消してしまうドライバーがやっとできたという感じです」という。

 飛びに関しては今や、どのモデルも限界に達している。次に求めたのはどこのメーカーも、オフセンターヒットでも芯と同じように飛んで、しかも曲がらないことで、その点では確実にパフォーマンスが上がっているというのだ。

「低スピン化が追求され、その分曲がりも少なくなったということもありますが、それに加え、各社独自の構造で曲がりが抑えられるようになった。たとえばタイトリストの915Dシリーズは芯を外してもフェースが動きにくいので安定している。J815なども、適度な重心深度を確保してつかまりのよさを追求している上にスピンが多すぎないから方向性がいい」(鹿又)

 他に、ピンの3機種のなかではG30LS、キャロウェイのXR、ミズノのJPX850、ホンマのTW727 455Sなど、どれも負けず劣らず直進性がよく、曲がらない分、飛距離の安定性が増す可能性は大きいという。

 かつて、バナナのようにスライスする球を"バナナボール"と呼んだけれど、それをもはや死語にしてしまうほどドライバーは確実に進化したということか。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2015/03/17 春一番……空気抵抗で飛ぶドライバー?
2014/09/08 超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい?
2014/08/26 新たな"高反発"?ミゾつきドライバーのニューモデルが続々!


一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 2(2012年)豪ギブソンが16アンダー。遼の世界記録破るスコア「55」が出た! 3連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6「違反していない」アンカリング“ズル疑惑” ランガーがコメント発表 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9アンプレ処置の椿事!女子プロがバンカー内の球を外にドロップしちゃった 10(2010年)なぜ? 1週間に二度も乗用カート事故が起きたゴルフ場を実地検分
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト