2020東京五輪コース見直し問題、霞か、若洲か、それとも?
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2014/12/23,30号
2014/12/23更新

2020東京五輪コース見直し問題
霞か、若洲か、それとも?

 本誌記事『倉本昌弘が五輪コースに異議あり』(10月14日号)に端を発した、2020東京五輪のゴルフ会場をめぐる問題を振り返ってみたい。

倉本昌弘も疑問を提起した

 東京誘致にあたり、東京都がIOC(国際オリンピック委員会)に13年1月に提出した開催計画には霞ヶ関CC(埼玉)とあった。だが、それに疑義を抱いたのが日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘。12年2月にIOCに出された申請ファイルでは、若洲GL(東京)だったからだ。

 若洲は、家庭からの廃棄物で埋め立てられた造成地を整備したシーサイドコースで、選手村から直線距離で4キロという好立地。東京五輪が掲げる「コンパクトなオリンピック」にふさわしいといえる。

 ほかにも「ゴミを埋めたてたコースは、エコで世界にアピールできる」「東京都が所有するコースなので、関連施設を作れば恒久的に都民やゴルフファンが使える」などと若洲開催の利点を訴える。

 その後、10月に開かれた「第1回日本ゴルフビジネスフォーラム」に永田圭司氏(JGA専務理事)、原口豪氏(霞ヶ関CC副理事長)らが出席。経緯が明かされた。

 永田氏によると、IGF(国際ゴルフ連盟)やJOC(日本オリンピック委員会)と協議し、以下の4条件で候補地を選ぶことが決定した。

①国際競技の開催実績がある(7000ヤード超)、②36ホール以上ある、③晴海から50キロ以内、④1日1万5000人?2万人のギャラリーを収容できる。若洲は①②④に該当せず。霞ヶ関が第一候補に浮上したという。

 だが、この問題は国会でも取り上げられるなど、来年に先送りされそうだ。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2014/10/28 東京五輪の開催コース。初めて公の場で議論された!
2014/07/22 東京五輪のゴルフ会場見直しの動き…本当に実現できるの?
2014/01/14 東京五輪の舞台霞ヶ関CC「コース造りは2月から」
2013/04/02 ゴルフ大好き委員長は来なかったが……IOC視察団、霞が関CCへ


一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト