週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 4/3号
2012/3/26更新

韓国で大人気!“スマイルキャンディ”
イ・ボミは才色兼備の叩き上げプロ


キャップの「正官庄」は、韓国の高麗人参メーカーだ

 昨季賞金女王のアン・ソンジュをプレーオフの末に下し、プロギアレディスを制したイ・ボミ。浜崎あゆみ似のルックスで日本でも人気が出そうだが、本国・韓国ではどのくらい人気があるの?

 一昨年の韓国ツアーでは賞金女王、最多勝、最少ストローク賞、MVPの4冠を達成。大きく喜びを表現することから韓国では“スマイルキャンディ”の愛称で親しまれ、私設ファンクラブ(会員数1612名)もあるほど。韓国スポーツ紙記者が語る。

「実力、ルックスすべてOK。しかも、彼女にはファンの共感を呼ぶサクセスストーリーもある。人気が出ないわけがない」

 韓国北東部の江原道(カンウォンド)の山あいの田舎町で育ち、10歳でクラブを握ったというイ・ボミ。だが、家計は苦しく、コースで実戦経験を積む機会も限られ、砂を詰め込んだ軍用ダッフルバッグをひたすら叩いて練習するしかなかったという。

 プロ転向後も腰のケガで韓国2部ツアーに甘んじたこともある苦労人。それだけに韓国ツアー賞金女王に輝いたときには「山里娘がグリーンデレラ(グリーン上のシンデレラ)になった」といわれた。

 そんな彼女を今季からスポンサードするのが、高麗人参を扱う準国営企業の韓国人参公社。キャップに書かれた「正官庄(チョングァンジャン)」は同社が扱う健康食品のブランド名で、同社は昨年からは「正官庄ゴルフ団」なるチームを結成し、米LPGAで活躍中のユ・ソヨンらもスポンサードしている。

 ちなみに俳優のぺ・ヨンジュンも韓国人参公社のCMキャラを務めている。果たしてイ・ボミも「正官庄」と笑顔のパワーで、ヨン様のように日本でビッグな成功をつかめるだろうか。スマイルキャンディの今後が楽しみだ。

 
【関連記事】
2012/ 3/27 斉藤◎、工藤、サタヤ△、香妻、豊永×。ルーキー初戦の通信簿
2012/ 2/21 カレンダーにもなったあの美人プロが選手会長を“ゲッツ”
2011/10/25 「元アイドル女子アマ」森美穂が三好で遼とツーショット。どうして?

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です