有名メジャーリーガーがゴルフができず不調に
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2018/06/5号
2018/06/01更新

有名メジャーリーガーが
ゴルフができず不調に

 ゴルフの上手い野球選手は多いが、「野球でのスランプ脱出にはゴルフがいい」と主張する選手がいる。

 ニューヨーク・メッツの強打者ヨエニス・セスペデスがその人。「強打者が調子を落とし、スランプになった時に、まずするのがゴルフだ。そんなバッターはたくさんいる」という。

 セスペデスは32歳。メッツと4年間1億1000万ドル、年俸約30億円という契約を結んでいる“ビッグな"選手。いわゆるホームランバッターだが、生涯打率も3割近い。ただ、今季の打率は2割を切るという絶不調に陥っている。その理由をニューヨークタイムズ紙の記者に聞かれて、「今年はまだゴルフをしていないからだ」と答えたという。

 ひざの故障もあって、ゴルフを止められているようなのだが、「ゴルフでは、良いショットを打つため、腕を内側に畳んでボールを見続ける。それが野球でも役に立つんだと思う」という。つまり、ゴルフをしていると、野球でもボールを引きつけられるようになるということなのだろう。実は、セスペデスは「野球を引退後はプロゴルファーになりたい」とも語っている大のゴルフ好き。あるいは、本業の不振から、単に気分転換にゴルフをしたいと思っているだけなのかもしれない。

 そういえば、日本の野球界では、2014年にリーグ優勝した巨人は、その後、日本一どころかリーグ優勝からも遠ざかっている。よもや、15年の秋季キャンプでゴルフ禁止令が出た影響ではあるまいが……

 
【関連記事】こちらも注目です!
2011/05/23 競技の刺激が堪らない!第二の人生プロゴルファー目指すスポーツ選手
2003年 今季不調のミケルソンに直撃インタビュープロ野球入団テスト受験の真意は?

一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1(2014年)左手親指痛に悩む松山英樹もJ・デイもテンフィンガーを試してみては? 2(2015年)曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 3イギリスで売れに売れた韓国ボールとは……? 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 6番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 7スコア改ざんで出場停止10年、男子下部ツアー 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9(2015年)偽物注意報発令?ゴルフクラブのコピーが急増中 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト