記録的豪雨でゴルフ場のクローズ…… 復旧は急ピッチ
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2015/10/13号
2015/10/6更新

記録的豪雨でゴルフ場のクローズ……
復旧は急ピッチ

 台風18号などによる関東・東北地方の記録的な豪雨の影響は周辺のゴルフ場にも及んだ。

 鬼怒川の決壊では、川の東側に被害が集中した。野田市パブリックゴルフ場では、けやきコースはほとんど影響がなかったものの、ひばりコースは冠水し泥の洗浄に時間がかかると、9月いっぱいのクローズを発表。ただ、復旧は急ピッチで、進捗状況を随時ホームページにアップして伝えている。同じく古河ゴルフリンクスは、フェイスブックで9日夜の雨の状況から翌日の冠水、その後のヘドロ除去の作業状況を詳しく伝え、激励のメッセージが寄せられている。

 一方鬼怒川の西側にあり、被害を免れた水海道GCは、義捐金活動の実施を決定。常総市を通じて復興に役立ててほしいとしている。

 ゴルフ場運営大手、PGM広報に状況を聞いたところ「埼玉と千葉で4カ所の河川敷コースが冠水クローズしました。しかし、冠水時のノウハウもしっかりありますし、近隣の系列コースや本社からの助っ人もあって、各コース営業再開に向けての復旧は順調に進みました。ただ、たくさんご予約をいただいていたのに、キャンセルになってしまったお客さまには申し訳ない気持ちでいっぱいです」とのこと。

 同じくアコーディア・ゴルフは「栃木と埼玉のコースで崩落や土砂崩れ等の被害がありました。河川敷コースは水没してしまいましたが近隣グループゴルフ場から1日約50人の応援で復旧作業を行い、16日から一部営業を再開しています。また、10月に開催されるトーナメントで募金活動を予定しています」とのこと。

 東京でも、多摩川の水位が急上昇し、田園調布で氾濫注意水位を超えるほどだったが、東京多摩川練習場は冠水を免れ、同練習場によれば、場内に水たまりができたくらいだった。翌々日の早朝から営業を再開したという。

 被害を受けたコースの、一日も早い復旧を祈ってやまない。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2014/07/01 今年も…! 記録的豪雨でゴルフ場に土砂が流入
2013/09/03 「道路が濁流に…」記録的大雨に見舞われた岩手県OP
2013/06/18 記録的豪雨で変則開催のバハマ。そのとき藍、美香、智恵は


一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 2国内女子で来季導入のリランキングってなに? 3大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 4セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 5スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 6男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 7女子プロテスト年齢引き下げで何が起きる? 9記録的豪雨でゴルフ場のクローズ……復旧は急ピッチ 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト