週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 1/22
2013/1/15更新

アコーディアvsPGMの激闘2012年。
TOBで経営統合なるか

昨年はアコーディアとPGMという2大ゴルフ場経営会社の対立が、名門太平洋クラブをめぐる動きとも絡み合い、大きく注目された1年だった。

 太平洋クラブが突如、民事再生手続きの開始を申し立てたのは昨年1月23日。会社側が立てたスポンサー候補は大量集客のイメージが定着しているアコーディア。プレー環境の悪化を懸念する会員が即座に猛反発、数日後には会員組織が立ち上がる。

 そのアコーディアに大打撃を与えたのが、4月17日の“秋本会見”。アコーディアの秋本一郎専務(当時)が、同竹生道巨社長(当時)による会社資産の私的流用問題を暴露したのだ。

 間髪入れずにアコーディアの大株主で、PGMの兄弟会社でもあるオリンピアが株主委員会なる組織を立ち上げ、アコーディアのコンプライアンス是正と、高値での太平洋クラブ買収の撤回を求める運動が始まる。

 この動きを当然、アコーディアはPGMによるアコーディア乗っ取り工作の一貫ととらえた。アコーディア取締役からPGM社長に転じた神田有宏氏が個人的にアコーディアにPGMとの経営統合を持ちかけていたからだ。

 アコーディアを牽引してきた竹生社長辞任直後の6月28日に開催された株主総会は、会社側、株主委員会双方が推薦する取締役候補を巡るプロキシーファイト(委任状争奪戦)となり、株式市場からも注目を集めるが、株主委員会が推す候補は全員“落選”。

 アコーディアの総会終了を待つ形で太平洋は7月2日、予定どおりアコーディアをスポンサーとする再生計画案を提出するが会員の反発は根強く、10月3日、再生計画案は否決され、会社更生手続に移行。無事VISA太平洋マスターズも開催され、会員組織がスポンサー候補としてパチンコパーラーのマルハンを推薦。13年8月の更生計画案提出に向け、さてこれから本格的にスポンサー選定に入ろうという矢先の11月15日、アコーディアとの経営統合交渉再開を望むPGMが、アコーディア株の公開買付開始(TOB)を突然宣言する。

 アコーディア経営陣は経営統合にも突然のTOB開始にも猛反発。ただ証券市場関係者は「PGMによる5割超の株獲得は確実」と見ている。

 公開買付けの結果は1月18日に判明するが、PGMの目標通り5割超の応募があった場合、アコーディアはPGMの連結子会社になる。そうなると経営統合に反対する役員をクビにすることも可能。統合会社で太平洋のスポンサー候補に名乗りを上げる可能性も出てくる。今年も太平洋を挟んだ2強の動きが世間の耳目を集める。

 
【関連記事】
2012/12/25 アコーディアがPGMのTOBに反対も株主の心、動かず
2012/12/4 2位PGMがアコーディア株をTOB。合計300近いコースはどうなる?
2012/5/29 いったい何が起こっている? アコーディアvsPGM

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1アコーディア買収来春、上場廃止に 2(2006年)尾崎、深堀、丸山、1組全員が「リフト・アンド・クリーン」の処置を誤り揃って失格の椿事 3(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 42016はルール改訂年。ルールブックのビジュアルにも変化あり! 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8無意識ながら……柏原明日架のグリーンドンに非難集中 9超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 1017人13色!女子プロは同ヘッドでも別シャフト
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です