週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 12/25号
2012/12/17更新

アコーディアがPGMのTOBに反対も
株主の心、動かず

 12月3日、アコーディアがPGMによるTOB(公開買付け)に対し、正式に「反対」の意見表明を行った。

 反対する理由は4つ。①(同日発表した)新中期計画のほうがPGMとの統合よりも会社の価値を高める②8万1000円という公開買付け価格はアコーディアの実力に対して安すぎる③PGMが大株主になった上で統合交渉をしようというのだから、PGMの株主の利益が優先されて、アコーディア株主の利益が不当に害されるおそれがある④経営統合前提なのに具体的な条件を明かにしておらず、TOBに応募しないとアコーディア株主が後々不利な扱いを受ける可能性がある、というもの。

 まず①の具体策として会社側が提示したのが、右肩上がりの事業計画と利益の9割を配当に回すという大幅増配計画。これをやるとM&A(コースの合併と買収)をやる資金がなくなるので、これからは買収ではなく運営受託中心に経営を方針転換することになる。ただ、右肩上がりの根拠となる数字が出されておらず、“気合い計画”的な印象を受けてしまう。

 最も投資家の応募行動に影響を与えそうな②についてはほとんど説明がなく説得力に欠ける。③と④は、事前協議もなくいきなりTOBという行儀の悪さに怒っているという印象しか与えない。

 市場株価が8万1000円以上になればTOBに応募するメリットがなくなり、TOBは阻止できるのだが、翌4日の終値は前日比100円高の7万7400円。どうやら新中期計画では株主の心は動かせなかった。TOB終了の1月17日まであと1カ月半。果たしてアコーディアは株主の心を動かす次の一手を打てるのか、注目される。

 


【関連記事】
2012/12/ 4 2位PGMがアコーディア株をTOB。合計300近いコースはどうなる?
2012/10/23 アコーディアがスポンサーの太平洋の再生案否決。会社更生法申請へ
2012/ 5/29 いったい何が起こっている? アコーディアvsPGM

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 2(2012年)豪ギブソンが16アンダー。遼の世界記録破るスコア「55」が出た! 3連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 4番組企画でQT出場。106叩きで議論に…… 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6「違反していない」アンカリング“ズル疑惑” ランガーがコメント発表 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 9アンプレ処置の椿事!女子プロがバンカー内の球を外にドロップしちゃった 10(2010年)なぜ? 1週間に二度も乗用カート事故が起きたゴルフ場を実地検分
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です