週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2/14号
2012/2/6更新

太平洋クラブが民事再生を申請。
アコーディアがスポンサーに




 先週の1月23日、国内で18コースを保有・運営する太平洋クラブ(および子会社6社)が東京地裁に民事再生法の適用を申請した。同社によれば、今後はアコーディアゴルフをスポンサーに再建を図っていくとのことだ。

 太平洋クラブは1971年に旧平和相互銀行グループの支援で設立されたゴルフ場運営会社。同社が保有するコースには男子ツアー「三井住友VISA」が開催される太平洋御殿場などがあり、92年には米国の名門・ペブルビーチを買収して話題となった(99年に売却)。

 バブル崩壊以降の接待ゴルフの減少や昨年の東日本大震災によるコンペの減少などによる集客不振に加え、会員の高齢化が進み、預託金の償還を求めるケースが増加し、今回の申請となった。

 同社は、27日(金)に大阪、30日(月)に東京で、預託金債権をもつ約1万3000人の会員を含む債権者説明会(負債総額1276億円、うち預託金682億円)を開催した。

 気になる今後だが、スポンサー契約を結んだアコーディアゴルフを中心に、07年より業務提携をしているゴルフ場経営大手の東急不動産などが協力して再建計画が練られ、改めて債権者に説明が行われる。

 太平洋クラブは、予約に関し「予定通りプレーいただくことが可能」、各種優待券も「これまで通りご利用いただけます」と現状維持を強調。また三井住友の開催については「本年11月に第40回記念大会を開催させていただくべくご協力をお願いしていく」としている。

 
【関連記事】
2011/ 8/ 2 中国系資本が北海道のゴルフ場を買収。将来は五輪強化選手育成の施設も
2011/12/ 6 「もしも賞金」3300万円。VISA優勝のスーパーアマ、松山英樹のプロ転向は大学4年生の秋になる?
2011/12/ 6 VISA2日目のサスペンデッド。選手とJGTOがひと悶着

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です