偽物注意報発令?ゴルフクラブのコピーが急増中
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 2015/2/3号
2015/1/27更新

偽物注意報発令?
ゴルフクラブのコピーが急増中

 ゴルフの模倣品や偽物、コピー商品があふれて、メーカーが困っているという。

 ゴルフクラブの偽物は以前からあったが、近年ではインターネットオークションやオンライン販売などの普及で海外の業者とも容易に売買できるようになったことも被害増加の要因。こうした状況への対策として日本ゴルフ用品協会(JGGA)では約3年前、「模倣品対策ラベル」をつくって、その使用を会員メーカーに推奨している。メーカーの純正品であることを明示するラベルで、もちろんこのラベル自体にも検証機能がついていて、真偽が容易に判定できる。

 またメーカー側でも、「模倣品対策ラベル」に加えて「シリアル番号シールを貼付した保証書を添付する」(ダンロップスポーツ)など独自の対策もとっている。「正規品かどうかを示す独自の方法を採用していますが、防犯上公表はできない」(テーラーメイドゴルフ)といったメーカーもある。

 中古ショップでも、たとえばGDOが運営しているゴルフガレージなどは同業他社と情報を共有し、偽物は買い取らないようにしているという。「"コピー品撲滅運動"というネットワークをつくり、査定の際に偽物は引っかかるようなシステムを確立していますから、コピー品が店舗に並ぶことはまずありません」(GDO店舗ビジネスユニット)

 新品の場合、多くのメーカーが共通して言うのは「ホームページなどでも注意を呼びかけていますが、もっとも安心なのは正規販売店で買うこと」。これこそが最善の方法だ。

 
【関連記事】こちらも注目です!
2010/11/23 人気クラブに次々出てくる偽物クラブに要注意!
2010/08/17 あなたのクラブは大丈夫? ゼクシオの偽物が発覚
2010/03/02 要注意。ネットで出回る偽物シャフト急増中!
2010/02/02 悪質コピークラブに要注意


一覧へ戻る


バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 2国内女子で来季導入のリランキングってなに? 3大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 4セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 5スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 6男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 8(2014年)超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 7女子プロテスト年齢引き下げで何が起きる? 9記録的豪雨でゴルフ場のクローズ……復旧は急ピッチ 10腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい?
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト