週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 9/6号
2011/8/29更新

スウィングにも効果あり?
あなただけの医療用靴の中敷き




 NEC軽井沢72のギャラリープラザに人気のブースがあった。歩き方のクセやバランス感覚、健康状態までもがわかる「足の無料診断」をするブースで、自分の足に合った靴の中敷き、インソールもつくれるという。

 足は人間の身体の器官として重要な部分。さまざまな神経、骨格が微妙なバランスをとりながら、2足歩行を可能にしている。歩くこと、バランスをとることが仕事の女子プロたちにとっても足は命。歩行データをとり、自分に合ったインソールをつくることで「足がよくなる」ならと大会期間中、20人以上の女子プロたちがブースを訪れ、興味を示した。

 この「フィート・イン・デザイン」(ミレニア社製。以下「フ・デ」)という名の靴の中敷きは、もともと健康的な歩行をするための医療用インソールだった。それをゴルフにも効果が期待できると、飛距離測定器メーカーのパー72が販売することになった。

 この「フ・デ」は足底にかかる圧力など、個々の足のデータを測定し、そのデータを基に中敷きを作成するというもの。普通は静止した足底の形を石膏にとってインソールをつくるのだが、それでは割高。それに歩行時のデータを計測することで、日ごろの歩き方のクセやバランス感覚までもが正確につかめるのだ。

 デモ用のインソールを試した女子プロのひとりは、シューズ契約の関係で実名は避けたが、「従来のモノと違ってインソールの質感が硬く、今まで以上に踏ん張れそう。自分の足に合ったものなら、歩くときはもちろん、前傾姿勢をとっても違和感なくバランスがとれて、飛距離アップするかもしれませんね」

 たいていのゴルフシューズは中敷きを取り出して、インソールを入れ替えられるようになっている。歩き方もアドレスもスウィングもよくなるのなら、シューズを買い替える前に、インソールを試してみては……。

 
【関連記事】
2011/ 7/ 5 梅雨時に「疲れない」「ムレない」定番5本指ゴルフ靴下
2011/ 6/21 雨の日はハイカットシューズで完全防水。ところで一番大きくて軽い傘はどれ?
2011/ 5/10 遼も履く、左右非対称鋲アイデアシューズの飛び効果は?

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最新人気ランキング

1アコーディア買収来春、上場廃止に 2(2006年)尾崎、深堀、丸山、1組全員が「リフト・アンド・クリーン」の処置を誤り揃って失格の椿事 3(2010年)古閑、上田らトッププロを育てた「坂田塾」が閉塾に。塾長、語る。 42016はルール改訂年。ルールブックのビジュアルにも変化あり! 5曲げたくても曲がらないドライバーが今年の流行り? 6連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 7腰が痛くなったら ゴルフをしたほうがいい? 8無意識ながら……柏原明日架のグリーンドンに非難集中 9超軽量ドライバーはやっぱり振りやすい? 1017人13色!女子プロは同ヘッドでも別シャフト
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です