> 雑誌・出版情報 > BACK 9 WEB
 

週刊ゴルフダイジェスト「BACK9」の内容を、バックナンバーとしてほぼそのまま転載しています。
内容は紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。ご了承ください。

週刊ゴルフダイジェスト 3/9号
2010/2/26更新
6,000万円で会員募集始めた小金井CC
この金額は高いの? 安いの?

「会員権高額日本一」小金井CCが約5年ぶりに6名の会員募集を実施している。募集価格も6,000万円と、国内ナンバーワンだが、なぜ6,000万円なのか?


平成2年には最高4億円、15年には最低値3,500万円だった小金井CC

 小金井CCは株主会員制で、会員は株主となる。一般に、株主会員制のゴルフ場は預託金制ゴルフ場と違い、ゴルフ場が倒産したときでも、土地など資産価値があれば、それを清算して株主に返金される。

 このため会員権価格も資産価値が反映されることも多いが、今回の小金井の募集価格は、「市場価格をもとに決めており、保有資産の価値は考慮していない」(小金井CC)とのこと。そこで、この資産価値の基準で小金井CCを調べてみると、意外なことがわかった。

 小金井CCの帳簿上の資産は、コースの敷地3億円強、クラブハウス12億円、コースの設備3.6億円など。合計金額はたった22億円である。コースの敷地は約14万坪ほどあるが、借地は全体のごく一部で、ほぼ自己所有。

 土地の価格である3億円は、実は最初に土地を買った時の値段で、現在の時価にすればざっと1,285億円にはなる。

 株主会員の数は6名の募集がすべて埋まると549株。ただ、実会員数は450名前後で、これから算出すると株主1株あたりの純資産は、帳簿上では350万円だが、土地の含み益を考慮すると、いきなり2億4,000万円にハネあがる。

 一時は“億カン”の代表だった小金井もバブル崩壊を経て、いまや6,000万円で募集。この金額、あなたはどう見ますか?

バックナンバー

最新号はこちら

週刊ゴルフダイジェスト最新号

最近の人気記事

1セルフでホールインワン!でも保険金が下りるには、もう1つのラッキーが必要 2連絡は入れよう!雨の日の当日キャンセル、昨今の事情は…… 3男性ゴルファーのショートパンツとレギンスの重ね着、抵抗アリ? ナシ? 4大量の汗でズボンがびっしょり…解決策は“3枚重ね着” 5カートに逃げるのは×。ゴルフ場でゲリラ雷雨に遭遇したら…… 6腰が痛くなったらゴルフをしたほうがいい? 7スピース撃沈!ベン・ホーガンのクラブを打ってみたら 8タイガー4度目の手術、メディアの反応に変化が 9HC5未満なら250ヤード以上!飛距離データ発表 10池田勇太は手袋忘れて素手プレー。プロたちのグローブ事情
  • 月刊GD
  • チョイス
  • みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ会員権情報
ゴルフダイジェストの会員権情報です