ゴルフの練習をしよう 第6回「ゴルフクラブの振り方(パター)編」

第6回は「ゴルフクラブの振り方(パター)編」です。パッティングは、パターというクラブを使用し、主にグリーン上のボールをカップに入れるショットのことを言います。実際にボールを転がしてみましょう。

目次

ポイント① フェースの向きの合わせ方

パターのフェース面はターゲットまでのラインに対して直角に合わせます。これはボールが転がっていく方向に影響しますので、丁寧に行いましょう。

ポイント② パターの握り方

右打ちの場合、まず左手のひらの真ん中から人差し指の付け根を通る線に合わせてグリップを握ります。右手は小指を左手の人差し指付近にかぶせるように握ります。

ポイント③ パッティングの動作について

両肩・両腕・手首の5点で五角形を作ります。作った五角形は、スイング中に崩れないよう意識します。

カップまでの距離感は、パターの振り幅で調整します。このとき、五角形が崩れてしまうと振り幅が安定せず、距離感が合わせにくくなるので注意しましょう。はじめは振り幅が大きくなり過ぎないよう意識して、短い距離で練習を行いましょう。

パター練習は繰り返し行うことで、距離感が身につきます。スコアアップにもつながりますので、ぜひ試してみてください。(解説:ゴルフテックコーチ・安部ひとみ)

第1回「ゴルフクラブの握り方(グリップ)」 第2回「ゴルフクラブの構え方(アドレス)」 第3回「ゴルフクラブの振り方(スイング)」 第4回「ゴルフクラブの振り方(スイング) その2」 第5回「ゴルフクラブの打ち方(アプローチ)」