ゴルフの練習をしよう 第5回「ゴルフクラブの振り方(アプローチ)編」

第5回は「ゴルフクラブの振り方(アプローチ)編」です。アプローチとは、グリーン周りからカップまで短い距離でボールを運ぶショットのことを言います。アプローチでは主にピッチングウェッジやアプローチウェッジ、またはサンドウェッジを使います。

目次

ポイント① ボールの位置とスタンス幅(足幅)について

まず、通常のショットと同じように構えます。ボールの位置は、左足内側くるぶしからクラブヘッド1個分の延長線上です。そのままボール位置は変えず、右足を左足に寄せます。

やや左足体重で、手元も左側にずらして構えてみましょう。このように構えることで、ボールの手前を打ってしまう「ダフリ」を減らすことができます。

ポイント② 振り方

アプローチショットで重要なことは、腕と肩を中心にして、左右対称にクラブを動かすことです。このとき、手首だけでクラブを振ろうとすると、うまく当たる確率が下がってしまいます。

はじめは距離を飛ばそうとはせずに、左右対称を意識してゆっくり振るようにしましょう。アプローチショットはスコアを縮める上で非常に重要なショットです。反復練習で基本の動きを身につけましょう。

次回は「ゴルフクラブの打ち方(パター)編」です。(解説:ゴルフテックコーチ・安部ひとみ)

第1回「ゴルフクラブの握り方(グリップ)」 第2回「ゴルフクラブの構え方(アドレス)」 第3回「ゴルフクラブの振り方(スイング)」 第4回「ゴルフクラブの振り方(スイング) その2」 第6回「ゴルフクラブの打ち方(パター)」