初心者にオススメなゴルフクラブメーカー・ブランド

初心者ゴルファーの方から、「ゴルフクラブを買いたいけど、初心者はどのメーカーやブランドが良いのかわからない」という意見をお聞きする機会が増えております。

そこで、初心者にオススメのゴルフクラブメーカーやブランドについて、某ゴルフショップ元店員で現在はゴルフレッスンスタジオ「ゴルフテック」でコーチ兼ゴルフクラブフィッターを勤める中村晃文コーチにヒアリングしてきましたのでご紹介いたします。

「とにかく手軽にクラブセットを買い揃えたい!」という初心者ゴルファーには…

「色々考えながらゴルフクラブを買うのは大変…」「てっとり早く揃えたい」という方には、クラブセットの購入がオススメ。
初心者の男性であれば「ミズノ」、女性なら「キャロウェイ」のクラブセットが良いでしょう。

どちらのメーカーもドライバーやフェアウェイウッド、アイアン、ウェッジ、そしてパターまで一通り揃っているほか、クラブヘッド(実際にボールを打つ部分)が大き目になっているのでボールに当てやすく、かつ多少のミスであればゴルフクラブがカバーしてくれますので、初心者の方でも使いやすいクラブセットです。

初心者にオススメのドライバーやフェアウェイウッド、ユーティリティは?

ドライバーやフェアウェイウッドは基本的にはできるだけ遠くに飛ばすクラブになるのですが、初めのうちはなかなかボールをきれいに打つことができません。
そうしたミスをできるだけクラブ側でカバーして、安定して打てるクラブとしては男性であれば「PING(ピン)」、女性であればタイトリストの「VG3」というブランドやダンロップの「XXIO(ゼクシオ)」というブランドがオススメです。
単純にヘッドが大きいのでボールに当てやすいほか、スイートスポットと呼ばれるいわゆる「芯」を広めにすることで、ど真ん中に当たらなくてもできるだけボールが曲がらずにまっすぐ飛ぶような工夫がされています。

男性で「将来上達することを見越して、少し難しくてもより遠くに飛ばせるものが欲しい」という方には、キャロウェイの「ビッグバーサ」というブランドや「ヤマハ」のゴルフクラブがオススメです。
「PING」に比べるとミスしたときの影響は大きいですが、「芯」で捉えることができると他のクラブよりもよく飛ぶような工夫がされています。

ちなみに、フェアウェイウッドは難しい、あるいは難しそうという方にはユーティリティという、フェアウェイウッドとロングアイアンのいいトコどりなクラブがあります。
こちらはよりフェアウェイウッドに近いタイプとよりアイアンに近いタイプの2種類があるのですが、初心者の方にはよりフェアウェイウッドに近いモデルがオススメです。
ユーティリティを購入する場合でも、購入するメーカーやブランドの基準は先にご説明したドライバーやフェアウェイウッドと同じで問題ありません。

初心者にオススメのアイアンは?

アイアンは、基本的にはできるだけ狙った場所にボールを飛ばす役割を果たします。
初心者の方には、できるだけ安定して飛ばせる・安心して打てるヘッドの大きなものがオススメとなります。
例えば男性であればダンロップの「XXIO(ゼクシオ)」やキャロウェイの「XR(エックスアール)」といったブランド、および「オノフ「AKA(アカ)」」のアイアンなど、女性であればダンロップの「XXIO(ゼクシオ)」やヨネックスの「フィオーレ」などが該当します。

一方で、特に男性だと上達してくると状況に応じてボールを高く打ちたい/低く打ちたい、あるいは少し右/
左にボールを曲げたいなど、自分で意図したボールを打ちたい(これを「操作性が良い」と表現します)と思うようになってきます。
将来的に上達することを見越して、最初からある程度中上級者向けのゴルフクラブに慣れておきたいという方には、マッスルバックという比較的ヘッドが小さいアイアンに挑戦するという選択肢があります。
代表的なものとしては、ミズノの「MP」というブランドがあります。

ウェッジはどうしたらよい?

アイアンをアイアンセットとして購入した場合、通常ピッチングウェッジ(PW)までは付いているので、同じブランドのサンドウェッジ(SW)を買い足すのが無難です。
ただ、ウェッジにもこだわりたいという方には、「クリーブランド」や「フォーティーン」など、ウェッジで人気の高いメーカーがありますので、こちらに挑戦してみてもよいと思います。

初心者にオススメのパターは?

パターは、できるだけ正確に狙った場所にボールを転がす必要があります。
そのため、ぶれにくい短めのシャフト(32~33インチ)のものがオススメです。
初心者向けという点で特別にこのブランド・メーカーがオススメというものはなく、自分の感覚に合うもの・振りやすいものを選ぶのがよいでしょう。

パターは打ち方として「まっすぐ引いてまっすぐ打つ」タイプと、「ドアスイング(=自分の体を軸に、弧を描くような軌道)で打つ」タイプの2種類があります。
見分けかたは、両手の人差し指を前に出して、パターのフェイス(=ボールを打つ面)を上に向けた状態でシャフトを人差し指の上に橋渡しをする感じで置いた際に、フェイスの面が上を向いたままだったら「まっすぐ引いてまっすぐ打つ」タイプ、フェイスが少し斜めを向いたら「ドアスイング」タイプです。
どちらが良いかは好みの問題なので良し悪しはありませんが、購入したパターのタイプに合わせたパッティングを身につけるようにしましょう。

また、パターは大きく「ピンタイプ」「マレットタイプ」「L字タイプ」の3種類があり、そのヘッドの形状も様々なものがありますが、こちらも自分の好み(構えやすい・振りやすい・見た目がよい、など)で選んでしまって大丈夫です。
しいて言えば「L字タイプ」は初心者には難しいといわれますので、少し気に留めておくくらいでよいでしょう。

GDOゴルフショップ「バイヤー小俣」のおすすめ

GDOゴルフショップ「バイヤー小俣」のおすすめ

ページの先頭へ