競技規則

競技の条件

  • 1.ゴルフ規則
    日本ゴルフ協会(JGA)ゴルフ規則及び本大会ローカルルールを適用する。
    本書に記載の無い事項や追加変更がある場合は競技会場での掲示物に掲載されるので必ず参照すること。
  • 2.競技委員会の裁定
    競技委員会は競技の条件を修正する権限を有し、すべての事柄について、この委員会の裁定は最終である。
  • 3.使用球の規格
    競技者の使用球はR&A発行の公認球リスト(JGAホームページ:www.jga.or.jp)に記載されているものでなければならない。この条件の違反の罰は、競技失格。
    ※本競技ではワンボール条件は適用しないものとする。
  • 4.使用クラブの規格
    R&A/USGAのテスト基準を超えるスプリング効果を持つドライビングクラブ(所謂「高反発クラブ」)はJGAルールの変更に伴い使用不可とする。
  • 5.ホールとホールの間での練習禁止
    競技者はプレーを終えたばかりのホールのグリーン上やその近くで練習ストロークをしてはならない。
    これに違反して練習ストロークした場合、競技者は次のホールで2打の罰を受ける。ただし、ラウンドの最終ホールでのときは、そのホールで罰を受ける。※練習グリーンでのパッティング練習を除く
  • 6.プレーの一時中止と再開
    ①プレーの中断(落雷などの危険を伴わない気象状況)については、規則6-8b,c,dに従って処置すること。
    ②険悪な気象状況にあるため、委員会の決定によりプレーが一時中断となった場合、同じ組の競技者全員がホールとホールの間にいたときには、各競技者は委員会よりプレー再開の指示が出るまでプレーを再開してはならない。1ホールのプレー途中であった時は、各競技者はすぐにプレーを中断しなければならず、その後、委員会よりプレー再開の指示が出るまでプレーを再開してはならない。
    ③プレーの一時中止と再開の合図について
    中止・再開の合図はゴルフ場によって異なるので、険悪な状況になった場合は、委員会・ゴルフ場からの案内に注意すること。
  • 7.険悪な気象条件のため競技が中止になった場合
    競技中止の時点で9ホールを消化していれば競技成立、消化していなければ不成立とする。
    なお、9ホールでの競技成立の場合は、アウトスタート・インスタート各々の最少スコアチームを上位とする。
    タイスコアが発生した場合は、アウトスタートは9番、インスタートは18番からのカウントバックにより上位を決定する。
    険悪な気象条件で競技不成立と判断された場合、予備日による開催を行う場合もある。
  • 8.電子機器(レーザー式距離測定器、コースナビゲーション)
    プレーヤーは残りの距離やホールのレイアウトを確認する目的で、電子機器を使用することができる。
    これにより得た情報の交換はアドバイスとならない。また、これを使用、操作するためにプレーを不当に遅延させてはならない。
    ※水平測量機能、コンパス機能を使用する目的で機器をコース上へ置くこと、またはストロークの補助となるような使用は禁止とする。
    この競技の条件の違反の罰は、競技失格とする。
  • 9.不当の遅延
    1回目の注意、2回目の警告1罰打、3回目の警告競技失格
    プレーヤーは不当に遅れることなくプレーしなければならない。
    前の組と著しく間隔があいた場合、競技委員によりプレーのペースを速めるよう警告をする。ハーフ終了時に前組より1ホール開けて前半9ホールを終了した組は休憩時間や昼食時間を短縮するものとする。
  • 10.移動
    競技者は、常に歩いてラウンドしなければならないが、乗用カートがある場合は乗車することができる。
  • 11.チェックイン
    大会当日における朝のチェックインについて、発表された各自のスタート時間の20分前までに大会受付を終えなければならない。連絡もなく、20分前までに受付しなければ失格とする。
  • 12.順位の決定方法
    スクラッチ部門・・スコアにタイがある場合は、マッチング・スコアカード方式により順位を決定する。
    ダブルペリア部門・・ローハンディ、マッチング、カウントバックにより順位を決定する。
  • 13.競技終了時点と裁定
    本大会は、成績発表がなされた時点で終了となり、その後の変更はしない。
    ルール処置・その他疑問がある場合は、アテスト終了までに申告すること。

大会ローカルルール

  • 1.アウトオブバウンズ Out of Bounds
    アウト・オブ・バウンズの境界は白杭をもって標示する。また開催コースが定める境界を適用するものとする。
  • 2.ウォーターハザードおよびラテラル・ウォーターハザード Water Hazards and Lateral Water Hazards
    各会場ローカルルールで指定する場合を除き以下の表示とする
    ウォーターハザードは、黄杭又は黄線 / ラテラル・ウォーターハザードは赤杭又は赤線
    ※表示が無い場合、水際又はコンクリート(木)壁をもってその境界を標示する。
  • 3.異常なグランド状態 修理地
    a. 修理地の限界は青杭または白線をもって標示する。
    b. スルーザグリーンにおいて、新しい芝の継ぎ目(目地)に球があるか、それに触れている場合、または意図するスイングの区域の妨げになる場合は、規則25-1bによる救済を受けることができる。
    張り芝の区域内のすべての継ぎ目は、規則20-2c(再ドロップ)において、同一の継ぎ目とみなす。
  • 4.動かせない障害物
    a. 排水溝は動かせない障害物とする。
    b. 人工の表面を持つ道路・通路に接した排水溝は、その道路の一部とする。
  • 5.地面にくい込んでいる球
    スルー・ザ・グリーン(砂地の場所を除く)のどこでも、自己の球がその勢いで自ら地面に作った穴(ピッチマーク)にくいこんでいるときは、その球は罰なしに拾いあげて、ホールに近づかず、しかも球の止まっていた地点にできるだけ近い個所にドロップすることができる。取り出した球は、拭くことができる。
    ただし、芝草を短く刈っていない区域の砂地では、救済を受けることはできない。
  • 6.目的外のグリーン(予備グリーン)の扱い
    使用禁止の表示のある予備グリーン(カラーを含む)、または目的外のグリーン(カラーを含む)はプレー禁止の修理地(スルー・ザ・グリーン)とし、その上に球がある場合やスタンスがかかる場合、競技者は規則25-1b(i)を適用しなければならない。このローカルルールの違反の罰は、2打。
  • 7.グリーン上の芝張替え跡
    グリーン上において芝の張り替え跡は、古いホールの埋跡とみなし,修理することができる。
  • 8.コースと不可分の部分の構築物
    a. 木または既設の物に密着させたり、巻きつけてあるワイヤーやケーブルなど。
    b. ハザード内にある人工の壁およびパイリング(枕木や石垣を含む)など。
  • 9.既設の高架送電線
    球が既設の高架高圧送電線に当たった場合は、そのストロークを取り消し、罰なしに再プレーしなければならない。その球がすぐには取り戻せない場合には、別の球に取り替えることができる。(規則20-5参照)
  • 10.電磁誘導カート用の軌道
    電磁誘導カート用の軌道は全幅をもって人工の表面を持つ道路とする球がこのカート道路の上にある場合、競技者は規則24-2b(i) を適用しなければならない。
  • 11.グリーン上のプレーでのクラブ使用制限
    グリーン上に球がある時はパター以外のクラブの使用を禁ずる。但しパターが破損し使用不可能な時はその限りではない。
  • 12.プレー進行上の措置
    コールオン方式。パー3のホールに限り、プレーのペースを全体的にスピードアップするため、先行組のプレーヤーは、自分の組の誰もまだパットを始めていない段階で後続組のプレーヤー全員がティーインググラウンドまで来ている場合、グリーン上にある球の位置をマークして総て拾い上げ、後続組のプレーヤー全員がティーショットを済ませるまでプレーを控え、後続の組にティーインググラウンドからプレーさせることができる。
    先行組からプレーすることを求められ、後続組がそれに応じたときは、その段階で後続組の各プレーヤーは、自分の球が他のプレーヤーのプレーを妨げたり援助することになりそうだと思われるときは何時でもその球を拾い上げて良い、との許可を先行組に与えたものとみなす。
  • 13.バンカー内の石
    バンカー内の石は、動かせる障害物とする。(規則24-1)
  • 14.雨天のプレーでの措置
    雨によるバンカー内の流水路跡に入った球は、罰なしに拾い上げ、ホールに近づかず、球の止まっていた箇所にできるだけ近いところにドロップすることができる。〈拾い上げた球は拭くことができる〉
  • 15.グリーン上のボールについて
    ■規則18-2,18-3,20-1は以下の通りに修正される。

    プレーヤーの球がパッティンググリーン上にある場合、その球やボールマーカーがプレーヤーやパートナー、相手、またはそのいずれかのキャディーや携帯品によって偶然に動かされても罰はない。
    その球やボールマーカーは規則18-2,18-3,そして規則20-1に規定されている通りにリプレースされなければならない。
    このローカルルールはプレーヤーの球やボールマーカーがパッティンググリーン上にあり、いかなる動きも偶然である場合にだけ適用する。

    注:パッティンググリーン上のプレーヤーの球が風、水あるいは重力などの他の自然現象の結果として動かされたものと判断された場合、その球はその新しい位置からあるがままの状態でプレーされなければならない。そのような状況で動かされたボールマーカーはリプレースされることになる。
  • ※注意事項
    1.特別ルール、ローカルルール以外の競技規則は、すべて日本ゴルフ協会規定による。
    2.日本ゴルフ協会アマチュア資格規則の規定に抵触し、または本競技の品位を損なうと判断されるものは競技への参加を取り消す。またプレー中であっても参加を取り消す。
    3.日本国憲法に問われる者、あるいは反社会的勢力・団体に関係する者、およびこれらに準ずると判断される者は、本競技の参加を認めない。
    4.大会開始50分前に受付を完了していない場合は競技に出場できない場合があります。
    5.人工の機器、異常な用具(素振り用のバットや棒)の使用はできないので、注意してください。(※ただし距離計測器は使用できます)