2019年最新号
ゴルフコースマネジメント&メンテナンスマガジン「ゴルフ場セミナー」。ゴルフ場の構造改革指針はもちろん、集客、収益、そして預託金問題など、現場第一主義の編集を心がけています。コース管理に関しても、海外も含めた最新情報、グリーンキーパーに役立つ企画を満載。ゴルフ場運営体制をどう考えればいいのか。厳しい競争を勝ち抜くためのゴルフ場経営、運営、管理のコンサルティングマガジンです。

2019年10月号の主な内容

  • クラブハウス探訪
    日本全国のクラブハウスを巡り、その魅力を紹介

    重厚感からカジュアルへ
    180度方向を転換する

    宇津峰カントリークラブ(福島県・27H)

    新築が減った一方で、全面リニューアルをするハウスは増加傾向にある。老朽化が背景にはあるもの。その多くが現在の運営スタイルに合わせようという改修だ。ここ宇津峰カントリークラブもかつての敷居の高さから幅広い層を受入れる親しみある雰囲気へのリニューアルだ。

    »
  • コースリポート
    接客術やアイデア企画など、運営の工夫に密着

    企画力とネット活用で
    短期間に来場者数の回復を実現

    山代ゴルフ倶楽部(石川県)

    コースコンディションの悪化で離れた顧客は、たとえコースが回復しても簡単には戻ってこない。そうした状況に苦しんだ山代GCが執った手段は、地道な営業と同時に、積極的な企画とネットによる情報発信だった。

  • グルメレストラン
    人気メニューの紹介と満足度アップの工夫に迫る

    アイデアを出し合い
    顧客に喜ばれる料理を

    ゴールデンレイクスカントリークラブ

    メニュー構成は、健康に配慮したシニア向けや彩り豊かに盛付けた女性を意識した料理から軽食や食べ応えのあるものまで、幅広いニーズに対応している。

  • メンテの話題
    コース管理に関する最新の話題と技術情報

    一谷多喜郎氏からの助言

    クオリティ向上の鍵は
    〝観察〟と〝データ分析〟

    長年、関西グリーン研究所で病害対策の指導に従事した、一谷多喜郎氏が4月に退任した。その永年の芝草病害経験から得た知識を尋ねてみた。

  • 統計データ
    ゴルフ場の〝いま〟を多角的に分析

    従業員構成

    30代は11.1%
    60代超は30.1%

    合理化の促進や経費削減で、一時期新卒採用を控えた結果、従業員の高齢化などの問題が生じている。人材募集をしても応募が少ないとも聞くが、従業員構成はどうなっているのか、3年ぶりに調査した。

定期購読のご案内

ゴルフの好きな皆様に便利な定期購読をご紹介

ゴルフ場セミナーは書店では販売していません!
お電話かメールでお申し込み下さい。
毎月(20日発売)ゆうメールでお届けします!

■年間購読料(税・送料込)
 1部講読の場合 35,200円
 2部講読の場合 50,600円
 3部講読の場合 55,000円

●お電話 03-3438-2611
●メール seminar@golf-digest.co.jp

〒105-0004
東京都港区新橋6-14-5 SW新橋ビル2階
ゴルフ場関連事業部(セミナー編集部/セミナー広告部)