ゴルフで100切りするためのコツとは?みんなどのくらいの期間で達成してる?

始めはルールとマナーを気にしながらスコアを数えるだけでも背一杯だったのも、何回かラウンドで経験を重ねてくると、やっぱりスコアアップに対する意欲が増してきますよね。
スコアの目標は人それぞれですが、ほとんどのゴルファーが、これまでのゴルフ人生の中で一度は「100切り達成」を目標に掲げたことがあるのではないでしょうか。男性でも女性でも、100を切れば初心者卒業!というイメージを持っている方も多いと思います。今回は、その「100切り」についてお話したいと思います。

みんなが目指す「100切り」とは?

スコアカード

そもそも「100切り」とは何のことを言っているのでしょう。簡単に言うと、「18ホールを100打未満でラウンドすること」です。
ご存じのとおり、ゴルフは18ホールをラウンドして打った数(スコア)を競うスポーツです。各ホールには規定の打数が設定されていて、「パー」がこれにあたります。距離の長いホールで5打(パー5)、1打でグリーンに乗せられる短いホールで3打(パー3)などです。
この「パー」の18ホールの合計が一般的には72。つまり、規定の打数どおりに全ホールを「パー」でラウンドできれば、スコアは72になります。しかし、72以内でラウンドできるゴルファーはかなりの上級者。初心者だと、120以上打つことも少なくないでしょう。

では、実施のところゴルファーのどのくらいの割合が100を切っているのか、100切りを達成するためにはどうしたらよいのか、見ていきましょう。

  

100切りを達成している割合と期間

日本のゴルファーのうち、どのくらいの割合が平均スコア100未満でラウンドしているのでしょうか。GDOでの過去の調査によると、平均スコア100未満でラウンドできているのは、ゴルファーのわずか3割。つまり、7割の人は平均スコアで100を切れていないということになります。

では平均スコア100未満の人は、どのくらいで100切りを達成できたのでしょうか。
100切りを達成するまでに要した期間は、平均して1~3年と言われています。ただし、あくまでも平均であり、1年未満で達成できた人もいれば、10年やってもまだ達成していない人もいるようです。

100切りまでにかかった年数

100切り達成は、初心者に限らずすべてのゴルファーにとって大きな壁である一方、初心者であってもコツをつかめばそこまで難しいものではないのかもしれません。

100切り達成のための3つのコツ

では、どうしたら100切りを達成できるのでしょうか。ここではポイントを3つに絞ってお伝えしましょう。

1.安全策をとって大叩きのリスクを減らそう

100を切るためには、正しいスイングの習得や飛距離を伸ばすことも必要ですが、精神面での工夫も重要です。そのひとつに「パーを狙わずボギーであがる」という考え方があります。
18ホールをすべてパーでラウンドしたとしてスコアは72、すべてをボギーでラウンドしたとしてもスコアは90です。初心者にとって、すべてボギーでラウンドすることも難しいことかもしれませんが、これはあくまで考え方の話です。

例えば、パー4でティーショットをドライバーで打ち、2打目は残り180ヤードだったとします。しかしグリーンの右手前には池が。こんなとき、パーをとろうと2打目で180ヤード飛ぶ長めのクラブ(例えばフェアウェイウッドの3番など)を使ってグリーンに乗せようとすると、つい力が入ってミスショットをし、池にポチャン・・・ということも少なくありません。そうなってしまうと、ペナルティで打数が増えるだけでなく、打ち直しも池越えという難しい展開に。気付けば「10打も打っちゃった・・・」という大叩きもありえます。

一方、ボギーでOKという考え方で臨めば、2打目を比較的打ちやすい短めの番手で打って池の手前に落とし、3打目でグリーンに乗せるという感じで、気持ちに余裕が生まれ力まずにスイングもできるでしょう。

他にも、林に入ったときに、グリーンに近い方に向かって木と木の狭い間を無理に出さず、「ボギーでも大丈夫なんだ」と自分に言い聞かせ、広く空いているところから確実にフェアウェイに出して、次のショットを打ちやすくするなどの工夫も挙げられます。

2.アプローチとパターを練習する

100切り達成のカギとなるのは、アプローチとパターであると言われています。多くのアマチュアゴルファーは、150ヤードなど長い距離のショットで正確にグリーンに乗せられず、グリーンを外し、グリーン周りからアプローチショットでリカバリーするケースが多いとされています。このアプローチショットで失敗するのとしないのでは、スコアに大きな差が出てきます。
またパターも重要。転がすだけですが、1打であることにかわりはないので最後まで気は抜けません。
アプローチとパターをしっかりと練習し、100切りを目指しましょう。

3.正しいスイングの基礎を習得し、ボールの方向性を安定させる

100切りに重要なのは、確実に打ちやすい場所にボールを運んでいくことです。
1の「安全策をとる」にも関係しますが、飛距離を優先するあまり、力が入ってミスショットしてしまうのはよくあることです。ミスショットをするとスコアは大きく崩れてしまいます。一方、方向性を重視して狙った方向にボールを運んでいくことができれば、スコアが大きく崩れる危険性は低くなります。

では、ボールの方向性を安定させるにはどうしたらよいでしょうか。それに必要なのは、正しいスイングの習得です。
その中でも特に重要なのは、アドレスであると言われています。アドレスは基礎中の基礎ではありますが、正しいアドレスをとるだけでもボールの方向性は安定してきます。

アドレス

間違ったスイングのまま何年もゴルフを続けてしまうと、悪い癖がついて修正することが難しくなります。初心者のうちに正しいスイングを身に付け、狙ったところに着実にボールを運び、100切りを目指しましょう。

100切り達成までの練習方法

前述のとおり、アプローチとパター、そしてスイングの基礎が100切り達成には非常に重要です。初心者ゴルフナビでは、アプローチとパターの打ち方のポイントを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

スコア100切りの壁は、誰にでも立ちはだかる壁。それを超えるためには、技術面だけでなくメンタルでも工夫が必要です。初心者にとって決して簡単なものではないかもしれませんが、100切りを達成したときは、喜びもひとしおでしょう。
ぜひ、100切り達成までのプロセスも楽しんで、目標に向けて頑張りましょう!

関連コンテンツ

ページの先頭へ