ティイングエリアでのルール

ゴルフにはいくつものルールがあります。ここでは、主にティイングエリアで起こりうるシチュエーションとペナルティについてご紹介します。

ライ(ボール周辺の状況)を改善した…罰打なし

ティショットはプレー開始前なので、ティイングエリアの地面をならしても、ライの改善には当たらないためペナルティにはなりません。

スイング前の素振りやアドレスでティからボールが落ちた…罰打なし

プレー開始前なので、ボールがクラブに当たって落ちても打数には入れず、再度ティアップして1打目として打つことができます。なお、ストロークする意思を持ってチョロ(チョロ=ボールのトップにクラブが当たり、転がってしまうこと)した場合は、ボールがティイングエリアにあれば無罰でティアップし、2打目として打つことができます。

ミスショットでティマーカーのそばにボールが落ちたので、ティマーカーを移動して打った…罰打なし

ティマーカー(ティショットを打つ場所の範囲を決めるための目印)がボールを打つのに邪魔なときは、動かせる障害物として移動できます。

打つ順番を間違えた…罰打なし

ペナルティはありませんので、そのままプレーを続けましょう。最初のホールのティショットは、クジやじゃんけんで打つ順番を決めます。ティショット以降は安全が確認できれば、ボールの位置に関係なく、準備ができた人からプレーできます。 次のホール以降のティショットは、前のホールで一番スコアが良かった人から打っていきます。打つ順番を間違えてもペナルティにはなりませんが、マナーとしては失礼になりますので気をつけましょう。

ティショット(第1打)がOBとなった…1罰打

1罰打が科せられ、3打目としてティショットを打ち直します。 ※ローカルルールで特設ティ(プレーイング4) が設置されているコースでは、特設ティから4打目として打つこともできます。

グッドマナーのためにワンモアアドバイス

OBは2罰打で横に出して打てるローカルルールがない場合は、打ち直し以外の選択肢として、OBラインを横切った地点の近く(ドロップ可能エリア)にドロップし、2罰打でプレーを続けることができます。※競技では認められません。

ティマーカーから離れた場所でティショットを打った…2罰打

ティショット(1打目)は、左右のティマーカーの外側の先端を結んだ線の内側、奥行きはその線から2クラブレングス後方まで区域の中で打つことが定められています。それよりも離れた場所からティショットを打った場合、2罰打となります。

ページの先頭へ